1. 目をひくバナーのポイント!イラスト表現で注目を集めよう!

目をひくバナーのポイント!イラスト表現で注目を集めよう!


はじめに

08ea965830aff5a9ff364e37edb7ec95_s

バナー広告は、目立ってこそ価値があります。なんだか気になるバナー広告、まだウェブサイトを見たことはないけれど、いつも目にしているうちに、親しみをおぼえてしまう…そんなバナー広告はありませんか?1回目でクリックしなくても、なんだか何度も目に入る…となると、ついついクリックしてみたくなりますよね。

イラストならではの訴求ポイントにも注目しよう

イラストがあると、その効果はさらにアップします。イラストの効果のひとつは、内容が一目でわかること。たとえば、パソコンのイラストがあれば、パソコンやネット関係のウェブサイトとわかります。そのほかに、ウェブサイトの雰囲気を伝えることもできますね。女性がターゲットのウェブサイトなら、かわいいキャラクターやおしゃれなイラストで訴求することができます。また思いもよらないイラストで、クリックしてみたくなる効果を上げることもできます。

バナー広告にイラストを活用しよう

バナー広告は、とても小さなスペースで、ウェブサイトへと誘導する宣伝用の垂れ幕・看板です。まずはこのウェブサイトを見てみようかな…と興味を持ってもらわなければなりませんが、小さなスペースでは表現する情報量も限られますね。
それに、そもそもバナー広告の役目はまず、クリックしてもらうことなので、極論を言えば、何のウェブサイトかわからなくてもとにかく見ている人に「何だろう?」と思わせてバナーをクリックしてもらえればよいともいえます。イラストからは何のウェブサイトなのかすぐには想像がつかなくても、イラスト自体が『何となく気になる』ものであれば、当然クリック率も上がりますね。イラストを活用しない手はありません。

バナー広告のイラスト表現は構図が大切

とはいえ、イラストがあれば、どんなものでも見やすいというわけではありません。見やすいバナー広告は、構図が大切です。見やすいバナー広告の多くは、1:1、1:2や2:3、さらに、1:1.6前後の黄金比が使われています。また、イラストと、文字が、対極的に使われていることも多いようです。イメージはイメージ、文字は文字とわけることで、見やすく、まとまった印象になるのですね。インパクトも大切ですが、なおかつ、見る人に気持ちの良い印象を与えることも大切です。

まとめ:目を引くイラスト表現でバナーの注目度アップ

6ff6f06abd91409354810a8cdebcae40_s

ターゲットの性別、年齢層、嗜好によって、気になるもの、好ましく感じるものの傾向は違いますね。ターゲットの目を引くイラスト表現で、バナーの注目度をアップさせて、ウェブサイトへと誘導するクリック率をアップさせるバナーを作成しましょう。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

オンラインお仕事マッチングサービス、クラウドワークス!
1時間から仕事を気軽に受発注!会員登録は、無料、発注手数料も、無料です!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
バナー作成のお役立ち情報ページの上部に戻る

×