日本最大級のクラウドソーシング - クラウドワークス « 名刺を持っていない個人事業主が今すぐ名刺を作るべき3つの理由

  1. 名刺を持っていない個人事業主が今すぐ名刺を作るべき3つの理由

名刺を持っていない個人事業主が今すぐ名刺を作るべき3つの理由


はじめに 個人事業主だからって名刺はいらないと思っていませんか?

a0001_009314
引用元: 写真素材 足成

個人事業主でも名刺は必要です。取引先が1件の知り合いしかない下請け仕事専門の大工や、遠洋マグロ漁船の船長でも無い限り、名刺は必要です。たこ焼き屋でも必要です。名刺はビジネスコミュニケーションに不可欠なツールなのです。

理由①名刺は挨拶のときに必ず必要

ビジネスは、まず挨拶から始まります。相手は名刺を手渡してくれます。それをこちらが渡さない。というのは失礼にあたります。まるで飛び込み営業に行った先であしらわれたような気分にさえなりかねません。名刺は不可欠なビジネスツールなのです。相手が客であろうが仕入先であろうが関係ありません。人間関係は対等なのです。お互いに名乗りをあげるのは、昔からの礼儀なのですから。その作法が今では名刺なのです。個人事業主も例外ではありません。

理由②必要な連絡先が記載されている

ビジネスは、会ってそれで終わりではありません。それからが仕事なのです。八つあん熊さんの近所づきあいしている仲間なのでなければ、それ以降も電話、FAX、郵送で連絡を取り合うのは大変なのです。相手に後で連絡先を知らせたり、その場でメモを取らせるなどというのは失敬です。きちんとビジネスを進めたいのなら、きちんと名刺ぐらい渡すべきなのです。

理由③名刺があると信用度が増す!

名刺があると信用度が増す、というよりも、名刺がないと確実に信用度が落ちます。ビジネスマンにとっては、名刺を切らすことすら論外なのですから、名刺を作っていないなんていうのは相手にされなくてもおかしくないのです。名刺ぐらいはつくるべきものです。
逆に、きちんとした、デザインも魅力的な名刺であれば、相手の印象も良くなり、事業者としての力量も安心され、信用度も増します。ビジネスはまず、名刺を取り交わすことから始まるのです。こんな簡単なことを惜しむべきではありません。

まとめ:名刺のデザインはデザイナーに任せて、まずは名刺を作成しましょう

あるとないとじゃ段違い!名刺を持っていない個人事業主が今すぐ名刺を作るべき3つの理由2
引用元: 写真素材 足成

何はともあれ、名刺を作りましょう。どこかで務めていて独立後間もなくて、これまでは以前の知り合いしか付き合いがなかったとしても、初対面の人に会うことになったら、とにかく3分名刺屋に飛び込んで作りましょう。そしてこれからきちんとしたビジネスとして事業を成功させたいのであれば、デザインもきちんとした名刺が必要です。オンラインプリントサービスでは、名刺デザインのテンプレートを用意している所も多いので、利用しましょう。さらにデザインに凝るなら、デザイナーに発注して、素晴らしい名刺をつくりましょう。クラウドソーシングでコンペにかければ、全国から素晴らしいデザインが寄せられる可能性もありますから。

※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。

名刺デザイン詳細をみる

会員登録をして実際に依頼してみる

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

    関連記事はありません
名刺デザインのお役立ち情報ページの上部に戻る

×