どれくらい稼げる?クラウドソーシングでの開発案件

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

 

【クラウドソーシング】とは、在宅で出来る業務委託のお仕事です。
クラウドソーシングに従事すると、主に、ホームページ制作システムを開発するような案件をこなしていくことになるのですが、「まだクラウドソーシングについてよく知らない」という方や、「これからクラウドソーシングを始める」という方は、具体的にどういうお仕事なのかよくわかっていないかもしれません。
クラウドソーシングのワークスタイルは少々特殊なので、これからクラウドソーシングを始める方は、以下の項目をチェックしてみましょう。

ウェブ開発から高度なデータマイニングまで!?

クラウドソーシング、と聞いても「それって何をするの?」、「どういう案件をこなしていくことになるの?」とクエスチョンマークがいくつも浮かんでしまう方も多いことでしょう。
クラウドソーシングというのは、主にホームページデザインに関することを業務委託していくかたちになるので、ウェブ開発から高度なデータマイニングまで、ありとあらゆる案件が存在します。もちろん、難しいものばかりでなく、案件のレベルもピンからキリまでとなっているので、スキルのない方も、誰でもできるような案件をこなすところから始めることができるのです。

なんと百万円の案件もオンラインで!?

クラウドソーシングの仕事は、小さなものから大きなものまで揃ってます。
小さなものだと【一つこなすだけで200円】といったものもありますし、バナー一つ作って3,000円もらえるような案件もありますし、大きなお仕事だと、100万円を超えるような案件もあるのです。
100万円を超えるとなるとさすがに、難易度は高くなってくるのですが、ある程度のスキルと根性があればそういった高額案件も受けることができるので、スキルのある方はどんどん、上を目指してみましょう。

売上げた登録企業の事例を見てみると

クラウドソーシングの登録企業を見てみると、売り上げが大きいところと少ないところが一目瞭然に分かるようになっています。
売り上げた企業の事例を見てみると、その中には【HPのデザイン】、や【バナー制作】、【記事執筆】【マークアップのみ】などといったものが連なっており、様々なスキルを総動員して案件を消化しているということがわかるのです。
彼らはクリエイティブなことを一通りできてしまうので、クライアント側も安心して任せることができます
つまり、クラウドソーシングは素人でも参入できる業界ではあるけれど、一定のスキルはあった方が成功しやすい、ということになるのです。

まとめ

よく、クラウドソーシングを【コミュニケーション力の要らない職業】と表現する人がいるのですが、実際にクラウドソーシングに従事してみると、「結局どの業界でも、コミュニケーション力がものを言うんだな」ということがわかる筈です。
在宅ワークも結局は、クライアントとの電話・メールのやりとりで仕事を掴んでいくことになるので、ある程度の社会的マナーは守らなければなりません。
そうでないと開発案件を受けようにも受けられなくなってしまうので、クラウドソーシングの業界では、コミュニケーションを磨くことも非常に大事なのです。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク