わからない、じゃもったいない!話題のクラウドソーシングを活用!

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

クラウドソーシングサービスの世界は、宝の山のような空間です。
フリーランスに転職してクラウドソーシングサービスの世界へ飛び込むと、「えっ、こんなものでもお金になるの?」とビックリするような案件が山ほど転がっているのです。

「よくわからないから、フリーランスに転身する勇気が湧かない」という方はかなりもったいないことをしています。
知識がなくて諦めている、という方は、今日この記事の中でクラウドソーシングサービスに関する知識を蓄えましょう!

かかる費用は?

【プロジェクト形式】を選んだ場合は、基本料金などは一切かかりません。
コンペ形式も、提案作品の募集をスタートさせるまでは無料です。
費用が発生するのは 契約が成立した後であり、クライアントからはシステム利用料を徴収してないのです。クラウドワークスでは、利用料を受注者から集めるようなシステムをとっています。
つまり、依頼者側には基本料金などの負担がなく、受注者が払うことになる場合もだいたいの場合、ごくわずかな金額なのです。

どんな人が受注しているの?

クラウドソーシングサービスの中には様々な受注者がいます。クリエイターもいればライターもおり、その中にはクリエイター一本でフリーランスで頑張っているような人も多いのですが、最近では主婦業をこなしながらライティング案件を消化している人も多くなっているのです。

もちろん、中には高学歴でたくさんの資格を保持した人もいますし、新聞記者を目指す学生なども存在します。
さらに言うと、クラウドソーシングサービスの世界には高齢者も増えており、最高齢だと七十代の人までいるのです。

気に入った人がいたら、またお願いできる?

もし、受注者のレベルが高く、その人の成果物を気に入った場合は、その後も同じクリエイターに依頼し続けることもできます。
受注者の中には人気が集中するあまり多忙になっている人もいますが、基本的にクラウドソーシングサービスの世界には仕事に飢えている人のほうが多いので、「今後もあなたに依頼し続けたい」と伝えれば必ず喜んでもらえます。
もちろんその後、同じ人に依頼を続けていけば信頼関係も結ばれますし、いちいち案件を投稿する必要もなくなるのです。

まとめ

「まだクラウドソーシングサービスのことをよく知らない」、「詳しいことがよくわからないから、もっと調べてから飛び込みたい」という方も、とにかくまずはクラウドワークスに登録してみましょう。
水面を見つめているだけでは水泳は上達しません。クラウドソーシングサービスの世界をよく知るには、クラウドソーシングの世界に飛び込んでしまうのが一番なのです。
まだ利用したことがないという方は、ぜひとも一度、クラウドソーシングを活用してみましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク