知っておこう!クラウドソーシングでスマホアプリ開発の依頼相場

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

現代ではスマホアプリ市場に進出することによって、莫大な資産を得る人が増えており、一攫千金を狙ってアプリ市場に参戦する人も増えてきています。
そのため、エンジニアなどを雇ってアプリ開発を企む人がどんどん出てきているのですが、実はクラウドソーシングサイトを利用すれば、スマホアプリ開発もカンタンに依頼することができるのです。

クラウドソーシングを使いこなせばアプリ開発に参戦できるので、まずはクラウドソーシングにおける依頼相場を押さえておきましょう

まったく解らない?業界内でも決まっていない相場

アプリ開発を頼む、ということはクラウドソーシングサービスを使えばすぐにできてしまうのですが、問題はその【相場】です。
残念ながら、アプリ開発の相場は、その業界に長く携わってる人でも判断できません。

1つのアプリの土台を作るのが10万円で済むような場合もあれば、100万円以上かかるようなこともあるので、【1つのアプリにだいたい○○万円かかる】、【ここまで作ってもらうのであれば、○○円以内で収まる】ということが断言できないのです。

開発費用の目安

アプリを開発するためには、10万~100万円以上は費用がかかります。
もちろん、規模が多きければ10万円では済みません。
100万円以上かけてやっと土台となるものが完成するといったことも多いので、アプリ開発費用は相場が掴みづらいのです。

コンテンツの少ない、読み物的なアプリであれば安価で済むことも多いのですが、ゲーム系のアプリは管理運営にも莫大な費用がかかるので、開発費用の目安は、その規模に応じて判断していくしかないのです。

開発後の収入事例

クラウドソーシングサービスを使ってアプリ開発を頼むと、莫大な初期費用が掛かることになりがちなのですが、成功すれば定期的に莫大なリターンが振り込まれるようになります。
極端な例を言うと、ランキングの20位台に入ることでダウンロード数が一気に拡大し、それによって一日数百万円の収入が入ることもありますし、課金制の導入によって日給が一万円から十万円になるような人もいるので、開発後の収入は、うまく行けばとんでもない額になるのです。

まとめ

アプリ制作を依頼するにはまず、どの程度の費用をかけるのかということを考えなければなりません。
どの程度の見返りが期待できるか、ということ、考えなければなりませんし、アプリを開発する場合は、考えなければならないことがたくさんあるのです。

初心者のうちは細かい数字の見当がつかないかもしれませんが、せめて他社の依頼金額を調査し、把握するようにしておかないと、適正ではない額を設定してしまいます。
まずは他者の費用を参考にしつつ、コストを細かく計算していくようにしましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク