いったいどれくらい?クラウドソーシングでのWEB作成の依頼相場

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

ライティング、ロゴ作成などのお仕事は、現在ではクラウドソーシングサービスを介しておこなわれるようになっています。
クラウドソーシングサービスにはあらゆる案件とあらゆる人材が集まり、様々な額で色々な案件を投稿することができるようになっているので、WEB作成案件は、自分の思うような額を付けた上で募集することができるのです。

しかし、ある程度はちゃんとした相場を知っていないと受注者が現れなくなってしまうので、この記事の中で相場を押さえておきましょう。

様々な条件で前後するWEB作成の料金

クラウドソーシングサービスには様々なWEB作成案件が集まります。しかし、それらの案件は条件によって様々なかたちで変化しますし、同じような案件でも、条件が一つ加わるだけで報酬設定額が一段高くなったりするのです。

ロゴデザイン案件でも、一つ3000円のものもあれば、300,000円のものもあるので、これからクラウドソーシングサービスを利用して受注者への依頼をおこなっていきたいという方は、相場の変化の仕方をしっかりと押さえておきましょう。

料金を左右する条件

たとえば、ライティング案件などは【500文字300円】、【1000文字で500円】といったかたちで価格設定されているのですが、こういった額は難易度に応じて変化するようになっています。誰にでも書けるようなブログ記事の執筆であれば500文字200円程度が相場ですが、金融や医療についてなど、専門知識や経験がなければ書けないようなものだと、400文字で1,000円程度になることもあります。料金は基本的に、その案件の難易度に応じて変わっているので、依頼する際は難易度をふまえた上で価格設定をおこないましょう。

通常、業者での一般的な依頼相場

基本的に、クラウドソーシングサービスで依頼するとかなり安価に成果物を受け取ることができます。
同じ案件を業者に頼むと、平気で二倍、三倍の額になってくるので、少しでも節約したいという方は、クラウドソーシングサービスの利用が必至です。

専門業者の場合はクオリティが高い代わりにどうしても割高になってきますし、それだけでなく会議やコミュニケーションなどにも時間を取られがちになるので、気をつけるようにしましょう。

クラウドソーシングでの一般的な依頼相場

専門業者に頼むと、400文字程度の記事が1つ1,000円以上することがスタンダードです。
つまり、どうしても10記事頼むだけで一万円程度になってしまうのですが、クラウドソーシングの場合は違います。

クラウドソーシングの世界では、400文字で250円程度が相場となっており、100記事頼んでも報酬は2万5千円程度となります。これはフリーランスで活躍しているアマチュアのライターにとっても、外注する側にとってもメリットのある数字なので、安く依頼するならクラウドソーシングサービスを使わない手はありません

まとめ

クラウドソーシングサービスには様々な案件と様々な人材が集まりますが、どんな価格であっても、誰かしらの人材がそれを受け止めてくれるというわけではありません。

クラウドソーシングの世界には相場がありますし、相場を気にしない案件はスルーされてしまいます。
クラウドソーシングを使いこなすには、まずは相場を知らなければならないのです。
「案件を依頼しても、なかなか受注者が現れない」というときは、報酬が適正であるかどうかを今一度考えるようにしましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク