クラウドソーシング、事例でみてみよう!文章翻訳の相場とは

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

文章翻訳というのは、Google翻訳などを使ってもできるのですが、Google翻訳の精度はかねてから低いことが指摘されており、精度は依然として低いままとなっています。

しかし、翻訳家に頼むとなると一件で一万円以上もかかってしまいますし、必要以上にお金がかかってしまいがちです。
つまり、従来の翻訳というのは【お金がかかるもの】と思われていたのですが、最近ではクラウドソーシングサービスの登場により翻訳が安価にできるようになっており、しかも誰にでも、すぐに成果物を受け取れるようになっているのです。

クラウド技術を利用した翻訳活動

翻訳家に仕事を頼むと、どうしても依頼料金が高額になってしまいます。
しかも成果物をもらえるのが二週間後、一ヶ月後と待たされることになりがちなので、早急に翻訳してもらわなければならないときは困ってしまいます。

「なるべく安価に、すばやく翻訳してほしい」というときは、クラウド技術を利用して翻訳活動をおこなっている人を見つけるのが一番なので、まずはクラウドソーシングサービスで、そういった人材を探してみましょう。

様々な案件

クラウドソーシングサービスの世界には、さまざまなジャンルの案件があります。
カンタンなライティング案件もあれば、ブログ執筆案件や口コミ執筆案件、ロゴをデザインするような案件もあるのですが、その中には【翻訳】というカテゴリも存在するのです。

翻訳のカテゴリーには、英語から日本語への翻訳を頼むものもあれば、日本語から英語への翻訳を頼むものもあるので、扱う言語が英語であれば、すぐに人材を見つけることができるのです。

「CROWD(クラウド)」に見る翻訳単価

海外には、【CROWD(クラウド)】と呼ばれるクラウドソーシングサービスがあります。
CROWDは世界屈指のクラウドソーシングサービスであり、その中には翻訳案件も多数寄せられているのです。

もちろん、日本語から英語に翻訳してほしいといった案件にも対応できる人材がそろってますし、一度利用してみると、その人材の多さに驚かされるはずなので、「翻訳家に頼むとどうしても高くなるからちょっと…」という方は、CROWDに代表されるクラウドソーシングサービスを活用してみましょう

まとめ

クラウドソーシングサービスを利用して翻訳を頼むと、なんと一件300円程度で済んでしまったりします。CROWDなどのサイトで頼むと、驚くほどクオリティの高い成果物が数百円で手に入るので、クオリティを求める方も利用されることをおすすめします。

一般的な相場は原稿用紙一枚分で300円程度ですが、内容が難しい場合は、一件で数千円になるような場合もあるので、難易度とその文字量に応じて報酬の額をしっかり定めておくようにしましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク