必見!クラウドソーシングで記事を依頼する際のコツとは?

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

「クラウドソーシングサービスで記事を依頼してみたい。でも、どうしたらいいかわからない…」と考えている方も多いと思います。しかし、ご安心ください。今回は、上手な【記事の依頼方法】についてご紹介します。最初は敷居を高く感じるかもしれませんが、記事の依頼は一度してしまえばカンタンです。クラウドソーシングサービスを使った依頼は誰にでもカンタンに、気軽におこなうことができるので、この記事の中でコツを覚えてしまいましょう。

どんな記事を書いてほしいかは明確に

記事の内容を指定する際は、大体の場合【500文字以上、「アイドル」に関する記事をお願いします】といった風に書きます。しかし、こういったかたちでキーワードを指定しただけでは不足があるので、詳細として【敬語でお願いします】、【キーワードを記事の中に含んでください】といった指示を書き添えます。また、納品日は時刻をしっかり明記した上で提示しないと、後々大きなトラブルになるので、時刻を添えた上でしっかりと指定するようにしましょう。

文字数と報酬についても明記する

受注側が最も気にすること、それが何かをみなさんはご存じでしょうか?実は、受注者が最も気にするのは【文字数に対する報酬】の割合なのです。今現在、クラウドソーシングサービスの世界では【1文字0.6円】がスタンダードとなっていますが、内容によってはそれでは少なすぎる、割に合わないと思われてしまうこともあります。ですので、文字数と報酬は、しっかりと検討した上でさだめ、しっかりと案件の中に明記するようにしましょう。

注意点も添えておくべし

当たり前のことですが、発注者側の意識と受注側の意識は違います。発注者側が最も気にする点はクオリティと納品日ですが、受注側が最も気にするのは【割に合うか合わないか】といった点です。そのため、発注者側が細かい内容を明記せずに「カンタンです」、「誰でも書けます」、「なので単価は100円です」などと書いてしまうと、後から「話と違うから単価を上げてください」と言われてしまったりするのです。案件を託した後の発注者側は、鬼の首を取られた状態なので、そういった人質的な値上げ要求だけは避けなければなりません。

まとめ

クラウドソーシングサービスの世界には、様々な可能性があります。発注者側の意識が高ければ、おのずと受注側にも意識の高い人が集まりますし、受注側にしっかりと指示を出すことができれば、その後も上手にクラウドソージングを利用していかれるのです。逆に、指示の仕方が悪かったり、言葉が足りなかったりすると何かとトラブルが多くなります。指示の内容に関するトラブルは何かと多くなりがちなので、気をつけるようにしましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク