クラウドソーシング界をリードする、あの2人にまつわるお話

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

最近では、【クラウドソーシングサービス】が日本でも人気を博すようになってきています。クラウドソーシング業界で働く人(フリーランスワーカー)も年々増加しているのですが、しかし、その業界にいながらも、自分たちの業界をリードしている「2人」を知らないという方も多いようです。今回は、クラウドソーシングサービスの世界をリードしている2人【ジェイク・ニッケル】と【ジェイコブ・デハート】のエピソードをご紹介するので、フリーランスワーカーの方はぜひともチェックしてみてください。

彼らが会社を建てた後のこと

彼らは、Tシャツのデザインを公募するといった内容のクラウドソーシングサービスのサイトを作るのですが、これが世界的に流行します。その後、この会社の収入は漸増していき、現在ではサイトに送られてくるデザインも、週になんと約1000点以上となっているのです。クリエイターはどうしても、競争の中で自分の作品が勝つ瞬間を渇望してしまう生き物なのですが、彼らの作り上げたサイト(スレッドレス)は、そういったクリエイターの精神を見事に刺激したのです。

さらに進化するシステム

会員が60万人以上ともなると、投票数も格段に上がります。かれらのサイトは人気が上がっただけでなく、クリエイターたちの競争率も爆発的にアップしました。スレッドレスは得票数のもっとも多かった100作品の中からTシャツにする9点を選び出し、それを印刷しているのですが、最近ではそこにさらに、消費者の需要をしっかりと組み込むようになっているのです。当然、彼らのリリースしたTシャツは、どれもすべて売りきれます。まだまだ人気は加熱しており、人気はとどまるところを知らないのです。

経営面も上々

スレッドレスは、2006年にはなんと17000万ドルの利益を上げました。まさに右肩上がりの成長を続けており、現在でもその成長はとどまるとことを知りません。彼らの活躍はまさに、アマチュアがクラウドソーシングサービスを使って羽ばたいていく様を表しており、彼らの活躍は常に各国のフリーランスワーカーを刺激しています。これからフリーランスワーカーになる方は、ぜひとも彼らの活躍や実績を見て、勉強するようにしましょう。

おわりに

彼らはスレッドレスを立ち上げることで、莫大な富を手に入れることとなりました。しかし彼らの挑戦は終わりませんし、まだまだサイトは盛り上がりを続けています。これからクラウドソーシングサービスの世界でやっていきたい、という方は、とりあえず【彼らもゼロから出発して、今のように成長した】ということを知りましょう。そして、クラウドソーシングサービスをうまく利用しつつ、より豊かな生活を手に入れてみましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク