クラウドワーキングとは

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

近年、新しい働き方として注目を集めているクラウドワーキングですが、クラウドワーキングと聞いて、まだピンとこない方も多いのではないでしょうか。時間と場所にとらわれずに働ける、という新しいライフスタイルを見出したクラウドワーキングとは、どのような働き方なのか見ていきましょう。



クラウドワーキングとは

クラウドワーキングは、企業が業務の一部を外部委託するもので、それをフリーの各専門分野のワーカーが、在宅で業務請負するワーキングスタイルのことをいいます。コンピュータのクラウド化を活用し、業務の打ち合わせから納品までをネット上で完結させます。これまでにも、業務の外注化は広く行われていました。しかし、案件の大きさに関わらず、スキルのある人材に素早く対応してもらえることから、企業もクラウドワーキングを行うワーカーに業務委託するケースが増えています。ワーカーにとっても、クラウドワーキングをすることで、自分の能力にフィットした仕事をすることができます。また、働く時間も場所も自由なため、自分らしい生活ペースを維持しながら仕事ができます。今、日本では人口減少による働き手不足が深刻化しつつあります。そのため、育児中の女性や退職したシニア世代の労働力は大きな魅力です。クラウドワーキングは、女性やシニアもワークライフバランスを保ちつつ働くことが可能な労働形態なのです。発注者、受注者共に利点の多いクラウドワーキングの注目度は高まっており、今後さらに増えていくと考えられます。


引用元: 無料素材 足成

クラウドワーキングの分野

クラウドワーキングではどのような仕事ができるのでしょうか。大きく4つの分野に分けることができます。1つ目はウェブ制作やプログラミングといった、専門スキルを必要とする分野です。フリーとして活動することで、より高額な報酬を得ることが可能となります。2つ目がロゴの作成やグラフィックデザインの作成です。コンテスト形式で募集されることも多く、デザイナーとしてベテランでも駆け出しでも、同じ土俵の上で才能を競えるメリットがあります。3つ目は翻訳や文章作成などのライティング分野です。ライティング分野は、一般的に仕事を見つけてくるのは大変ですが、クラウドワーキングサイトでは、日々多くの仕事依頼があります。4つ目は、データ入力などの専門スキルを必要としない分野です。スキルがなくても、空いた時間を有効活用しながら収入を得ることが可能です。

おわりに


引用元: 無料素材 足成

クラウドワーキングは従来の外注とは異なり、フットワークが軽く、発注者も受注者もメリットが多いワーキングスタイルです。今後、クラウドワーキングの分野も広がり、より多くの人が携わることとなるでしょう。新しい働き方であるクラウドワーキングが、ビジネスのあり方も左右する存在になるかもしれません。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」




※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク