クラウドワーキングでどれくらい稼げるのか?

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

クラウドワーキングではどれくらい収入を得ることができるのでしょうか。それは、スタンスや職種、スキルによって異なってきます。スタンス、職種、スキル別に収入状況についてご紹介します。


引用元:写真素材 足成

副業か専業のフリーランスか

他に仕事を持っている会社員や主婦の方の「お小遣い稼ぎ」として、ブログの代筆などを行う場合は月額数千円から、多くても数万円の収入となる場合が殆どです。クラウドワーキングでは、ブログ代筆の他にも初心者歓迎の、特別なスキルを持たなくともできる仕事が数多く発注されています。実績を積むことで仕事の幅も広がり、仕事のペースも上げられて多く収入を得られるようになります。フリーランスとしてクラウドワーキングを活用し生活を立てていきたいと考える方の場合は、専門知識を要する仕事をこなすようにし、着実に実績を積み、より報酬の大きな仕事に取り組めるようにしましょう。姿勢次第でクラウドワーキングのみでの生活も可能となります。

エンジニアならクラウドワーキング専業も可能

エンジニアの仕事はスキルが必要となり、プロジェクトの期間も長く、単価の高いものが多くあります。ワードプレスサイトの構築やリメイクから、本格的なサーバーサイドプログラムの開発まで様々な仕事があります。スキルアップすれば、受注可能な仕事も増え、クラウドワーキングだけで生活を立て、事業を起こすことも可能となります。企業で仕事をするよりも自由度が高いことから、クラウドワーキングで独立を目指すエンジニアも増えてきています。

デザイナーとクラウドワーキング

デザイナーの場合はコンペ案件が多くなりますので、収入としては不安定な側面もあります。コンペ案件は5,000円程度から80,000円と高額のものまで様々ありますが、最初のうちは少額のものから経験を積むのが良いでしょう。採用経験が多い方の方が採用されやすい傾向にもありますので、発注者の方によっては一度採用されると継続してスカウトでお仕事を依頼してもらえることもあります。はじめのうちはクラウドワーキングのみで生活を立てるのは難しいですが、経験を積むうちに実現に近づきます。ただ、収入の安定が見込めるまでは他の仕事との両立をお勧めします。

おわりに


引用元:写真素材 足成

クラウドワーキングでは、技術を持つ方ほどクラウドワーキングのみで生活を立てていける可能性が高まります。特に生活を立てやすいのはエンジニアの方で、実例としてサイト内での紹介もありますので、実際どんなお仕事をされているのか見てみるのも良いでしょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク