機会損失がなくなる!?魔法のようなクラウドソーシングシステム!

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングはフリーランサーの強い味方!

フリーランスとして活躍している方の悩みの一つに仕事の機会損失が挙げられます。もし、自分にもっとデザインスキルがあればクライアントの要件定義をもっと拡充出来るのに、といったケースやデザインは出来るけどコーディングの作業を誰かに手伝ってもらえたらこの案件が受注できるな、といったケースなどです。仕事の受注は有難いことに沢山あるが、自分ではさばききれずに折角の受注案件を断ってしまった、そういう機会損失を引き起こしてしまった経験もフリーランスの方なら一度はあるかと思います。この様な願望や機会損失を防げるものは無いものでしょうか?そこで、今回はクラウドソーシングを活用した機会損失を防ぐ方法をご紹介しましょう。

引用元: 無料写真素材 写真AC

 

機会損失は最も怖い!?クラウドソーシングで機会損失を防ごう!

引用元: 無料写真素材 写真AC

フリーランスにおいて、仕事の受注は何としてでも断らずに受けたいものです。ですが、自分にない特定分野のスキルが必要なケースや、全体の1割も満たない所の箇所での制作・開発環境が無いケース等、せっかくの案件も断らざるを得ないケースが出てきてしまうのも事実ですよね。そうした機会損失を防ぐためには普段から苦手とされるフィールドに土地勘を持っておくことが必要です。全体の9割方自分のリソースでまかなえる案件を逃してしまうのは、非常にもったいないことですし、そうした多くのケースに必要な1割のリソースというのは少し知識があれば、他のスキルのリテラシーで対応が出てきてしまうものもあるので、いざという時に備えて広くカバーできるよう日頃から知識を吸収し、他分野に目を向け勉強していくことが必要です。ですが、対応可能なスキルでもどうしても人の手を借りたいような大量案件の場合はどうでしょうか?そうした案件をさばくためには、自分が対応可能数を常時把握しておくことは勿論ですが、周囲の同業者に仕事を割り振るという選択肢も必要なケースも出てきてしまうのも事実ですよね?気心の知れた仲間がいればいいのですが、中々横の繋がりが持ちにくいのがクリエイターの業態です。コネクションが無い場合はどうすればいいのでしょうか?そこで登場するのがクラウドソーシングです。

クラウドソーシングならフリーランサー同士の懸け橋に!

クラウドソーシングとは、オンライン上で不特定の人に業務を外部委託するという意味の造語です。インターネット時代の新しい雇用形態として、近年大きな注目を浴びています。このクラウドソーシングを活用することによってフリーランサーにとっての課題、機会損失を防ぐことが出来ます。たとえばプログラミングスキルを持っているプログラマーがシステムの仕様変更の際に新たなデザインを要求されたケースではどうでしょうか?このプログラマーが自分でデザインを用立てられれば一番なのですが、大抵の仕様変更の際は緊迫した状況であることは間違いなく、外部の人間に依頼したほうがプログラムの仕様変更の対応が助かるケースも時としてはありますよね。だけど、身近にデザイナーがいなかったり、他のデザイン制作会社に委託してはコストが足を出てしまったりと様々な阻害事項から、本線である【クオリティを保ったシステム納品】から、【納期に間に合わせることのできるシステム納品】へと目的が異なってしまったら本末転倒です。そうした際にはクラウドソーシングサイトを活用し、要件を満たせ、かつコストパフォーマンスのいいデザイナーにアウトソーシングするのがベストだといえるでしょう。

【クラウドワークス】ならメンバーを効率的に探せる!!

引用元: 無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングサイトの中でもクラウドワークスはスキルあるクリエイターを探す事において優秀だと評判です。クラウドワークスではスキルのあるデザイナーを選ぶのに役立つ項目を細分化し、パッと見てこのクリエイターがどのようなスキルを持ち、経験や実績があるのかが分かるようになっています。急な用立ての際にはぜひ活用してみてください。

クラウドソーシングを活用して機会損失を防ごう!

フリーランサーにとって機会損失は継続契約を阻害してしまう最も恐ろしい損害の一つといえるでしょう。アウトソーシングをするにしても、コストパフォーマンス最強で人材を抽出できるクラウドソーシングサイトを活用して機会損失を防ぎましょう!


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク