クラウドソーシングを使ってビジネスを活性化させる方法!

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングの活用法は自由自在

15-1

クラウドソーシングは、ありとあらゆるタスクを外注できるアウトソーシングサービスです。つまり、外注するタスクの内容によって、アイデアの調達や、市場調査、商品開発の改善など、自社利益の向上につながるさまざまな効果を得ることができるといえます。このページでは、ビジネスを活性化させるクラウドソーシングの活用例をご紹介します。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングで市場調査を

ビジネスでより大きな利益を得るためには、市場調査が欠かせませんよね。顧客層のニーズや、流行している商品の傾向、顧客層が愛用している競合他社の商品名など、消費者に実際に聞いてみないとわからないことも多くあります。そんな時は、クラウドソーシングサイトを市場調査ツールとして活用してみてはいかがでしょうか。クラウドソーシングサイトには「タスク形式」という発注方法があります。これは、アンケート回答や記事作成といった小さなタスクを、低コストで発注できるサービスです。クラウドソーシングサイトなら、会社に居ながら全国の消費者のニーズを探ることができます。

クラウドソーシングで商品のブラッシュアップを

15-2

ビジネスで大きな損失を出してしまう要因のひとつに、「完成した商品とユーザー層とのニーズの乖離」が挙げられます。せっかく商品を作っても、エンドユーザーにとってそれほど魅力的でなかった場合は、なかなか利益につながりませんよね。クラウドソーシングサイトは、制作中のサービスや商品、アプリケーションを一度ユーザーに提示し、意見を述べてもらう「簡易体験会」を行いたい時にも最適のサービスです。「この商品をどう思いますか?」「この商品の改善点を教えてください」というように、制作中の商品についてのリアルな意見を集めてみましょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングのコンペを社内コンペと併せて使う

15-3

大企業であれば、アイデアを捻出する社内の人材もたくさんいますよね。しかし、中小企業の場合は、企画やデザイン案を提示するブレインの数も限られてしまい、アイデアが先細りしてしまう可能性があります。そんな時にも、クラウドソーシングは大きな武器になります。クラウドソーシングには、採用した作品にだけ報酬を払う「コンペ形式」という外注方法があります。「こんな商品を作りたいので、商品にぴったりのロゴを作ってほしい」「こんなサービスを始めたいので、サービス名を考えてほしいというように、外部のブレインを一時的に社に輸入してみましょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」を利用してみよう

クラウドソーシングに興味を持った時は、さっそくクラウドソーシングサイトに登録してみましょう。クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」なら、発注手数料なしで仕事を依頼できます。クラウドワークスを活用して、自社利益を向上させてみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク