クラウドソーシングで良質なキャッチコピーを作る方法とは?

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングで良いキャッチコピーを集める方法って?

30-1

クラウドソーシングは、イラストや記事、ロゴデザイン、スマートフォンアプリといったさまざまなコンテンツの制作を、世界中のクリエイターに向けて依頼することができる外注サービスです。もちろん、商品の広告塔となる「キャッチコピー」の制作を発注することもできます。では、外注でセンスの良いキャッチコピーを得るには、どのような点に気をつければいいのでしょうか? 今回は、クラウドソーシングを使って良質なキャッチコピーを制作するコツについてご紹介します。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングのコンペ形式を利用してみよう

たとえば大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」には、「コンペ形式」と呼ばれる発注方法が存在します。コンペ形式では通常の「コンペティション」と同じく、あるニーズにそった作品の公募を行い、集まった作品群の中から入賞作を選定する発注方法です。クラウドソーシングを使ってキャッチコピーを外注する際には、このコンペ形式の利用をおすすめします。一定のコストでより多くの作品を集めることができる他、新たな才能の発掘にも繋がりやすいといえるでしょう。

クラウドソーシングで良いキャッチコピーを作るには

30-2

「キャッチコピー」は、商品のメリットや特徴を的確に表したものですよね。よりよいキャッチコピーを作るには、元となるサービス・商品の正確な情報が必要となります。クラウドソーシングでキャッチコピーを募集する時には、商品の特徴や、なぜこの商品を作ったのか、特に推したいコンセプト、商品のユーザー層、BtoCなのかCtoCなのか等を詳しく明記するといいでしょう。情報がおぼろげであればあるほど、クリエイターも正確なニーズを掴むことが困難になり、クオリティも低下しやすくなります。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングのコンペ形式では修正依頼も可能

30-3

クラウドソーシングのコンペ形式では、作品の修正依頼も可能です。「惜しい」と思った作品や、「アプローチは間違っていない」と思ったものなど、気にかかった作品があればこまめにクリエイターに連絡をとってみましょう。修正依頼を出すことで、より理想に近いキャッチコピーを得やすくなります。また、コンペを通じて才能あるクリエイターを見つけた場合は、次回の発注時に直接キャッチコピーの依頼を出すことも可能です。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングですてきなキャッチコピーを作ろう

クラウドソーシングを使って良質なキャッチコピーを制作するコツについてご紹介しました。クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」には、才能豊かなクリエイターが多数参加しています。クリエイターのセンスをかき立てる的確な依頼を出して、よりよいキャッチコピーを制作してみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク