アイデアを収集できる?クラウドソーシングのコンペ形式の魅力とは?

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシング「コンペ形式」の魅力とは?

42-1

クラウドソーシングには、タスク形式、プロジェクト形式、コンペ形式といったさまざまな発注方法があります。中でもコンペ形式は、クラウドソーシングの強みを最大限に活かした発注方法といえます。今回は、クラウドソーシングの発注方法のひとつである「コンペ形式」の魅力についてご紹介しましょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングのコンペ形式で募集できるもの!

クラウドソーシングのコンペ形式では、デザインやネーミングに関する多種多様なアイデアを収集することが可能です。たとえば、商品のキャッチコピー、新サービスの名前、ロゴデザイン、サイトデザイン、チラシデザイン、イラスト、バナーデザインなどを募集することができます。コンペで募集する作品タイプはもちろん、締切や報酬額も自由に設定することができるので、クライアントのニーズにあった依頼を簡単に作成することが可能です。

クラウドソーシングのコンペ形式のメリット!

42-2

コンペ形式で依頼するメリットとしては、「コストを一定額に抑えられる」「複数の作品パターンを追加料金なしで提案してもらえる」「任せられる人材が見つかりやすい」ことなどが挙げられます。まず、「コストを一定額に抑えられる」メリットから見てみましょう。制作会社に仕事を発注した場合は、先方からコストを提示される場合が多く、希望どおりのコストに収まらないことがあります。しかしコンペ形式では、クライアント側からコストを指定することができるため、予算オーバーなどのトラブルを最小限に抑えることが可能です。また、制作会社に依頼すると、複数の提案例を受けるには追加料金が発生することがありますが、コンペ形式では、いくつ提案をうけても追加コストは発生しません。さらに、「クリエイターを選ぶ→作業を委託する」のではなく、「できあがった作品から選ぶ→クリエイターに報酬を出す」というプロセスを踏むため、クリエイター選びに悩む必要もありません。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシング「コンペ形式」で思ったような成果が得られなかった時は?

42-3

また、「コンペ形式」で思ったような作品が仕上がらなかった場合は、クリエイターに修正依頼を出すことも可能です。「コンセプトは捉えているようだけどデザインが惜しい……」「もうちょっとネーミングを工夫してほしい」など、方向性は合っている作品に対して助言を投げかけることで、よりイメージに近い成果物を作ることができます。また、どうしても希望にあった作品が見当たらない場合は、依頼をキャンセルすることも可能です。(利用したサイトや、依頼状況によってはキャンセル料がかかる場合があります)まずは作品をより良くするためにクリエイターに連絡をとり、修正指示を出してみましょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシング「コンペ形式」を使ってみよう!

クラウドソーシングの「コンペ形式」を使えば、必要な時に必要なだけ、外部のクリエイターの才能を活用することができます。クラウドソーシングのコンペ形式を使って、ビジネスに新しい風を招いてみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク