教えて!クラウドソーシングで直接スカウトを受ける方法!

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングでスカウトを受けるには?

55-1

クラウドソーシングで仕事を受注するには、基本的にはワーカー側(受注者側)からクライアントにアプローチをする必要がありますよね。しかし、もしクライアント側から「あなたにぜひ依頼したい」とスカウトを受けることができれば、魅力的な案件と出会えるチャンスにも多く恵まれるようになります。今回は、クライアントからスカウトを受けやすくなる3つのポイントについてご紹介しましょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングで「高評価」の実績を積む

クラウドソーシングでまず重要となるのが、「クライアントからの信頼をいかに得るか」ですよね。クラウドソーシングは経歴・実績問わず、ありとあらゆる人材が参加できるアウトソーシングサービスです。つまり、業界のプロと、今日仕事をスタートしたばかりのアマチュアが、同じ土俵に立っている場所といえます。仕事を依頼したいクライアントは、まず複数のワーカーのプロフィールを確認し、どんなスキルを所持し、またクラウドソーシング上でどんな仕事ぶりをしてきたのかをチェックします。プロフィールだけで「きちんと仕事をこなすワーカーだ」という信頼を勝ち取ることができれば、クライアントからスカウトを受けられる確率がぐっとアップするでしょう。

クラウドソーシングで継続発注をしているクライアントを探す

55-2

ワーカーにもいろいろな人がいますが、発注者であるクライアントも実に多様である点が、クラウドソーシングの特徴ですよね。クライアントが大きな会社の担当者であることもあれば、一個人であることもあります。よって仕事を選ぶ時は、案件の内容だけでなく、「クライアントが今までにどのような依頼を出してきたのか」にも注目してみましょう。すでに多数の案件を提示していたり、複数スカウト依頼を出しているクライアントであれば、仕事の出来しだいでは継続的な受注が見込めるかもしれません。精力的なクライアントとパイプを作ることで、スカウトを受けられる可能性も向上するでしょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングの仕事に関するスキルを磨く

55-3

なお、クラウドソーシングサイト上の評価をあげるだけでなく、仕事のスキルを向上させることも大切です。クライアントは「周りからの評判がいいワーカー」ではなく、「仕事を確実にこなせるワーカー」を求めています。客観的に自分のスキルを提示するため、資格を取得してみるのもひとつの手段といえるでしょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングサイトで実力を磨こう

クライアントからスカウトを受けやすくなる3つのポイントについてご紹介しました。大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」では、ワーカーの生活を助ける福利厚生や、スキルアップ支援制度を提供しています。クラウドソーシングサイトのサポートを活用しつつ、自身のビジネススキルを磨いてみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク