間に合わない!?クラウドソーシングの納期トラブルを防ぐには

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングの受注時に起こりやすいトラブルとは

57-1

クラウドソーシングは、クライアントとワーカー双方の同意があれば、あらゆる仕事を指定の報酬額で委託できる便利なアウトソーシングサービスです。ワーカーはどこでも好きな場所で仕事することができ、加えて仕事を早く終わらせることができれば、効率よく報酬を稼ぐことが可能となります。しかし裏をかえせば、「これくらいの時間で完遂できる仕事だな」という目算に誤差があった場合、割にあわないどころか、納期に間に合わなくなり、クライアントに迷惑をかけてしまう可能性がでてきます。今回は、クラウドソーシングで困った思いをしないためのコツをご紹介しましょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングでは募集文を鵜呑みにしない

ひとつめのコツは、「クライアントが提示している目算時間・時間単価を鵜呑みにしないこと」です。クラウドソーシングサイトにはたくさんの案件が寄せられており、作業の完遂までにかかる平均時間や、時間単価換算などがよく明記されていますよね。しかし、クライアントが提示した作業時間はあくまで「クライアントが予想した作業時間」であり、ワーカーの実際の作業時間と一致するとは限りません。クライアントが提示する平均時間は参考程度にとどめ、「自分ならどれくらいで作業できるだろう?」という予想を、まず自分でたててみましょう。目算をあらかじめ立てておくことで、自分の作業ペースを自覚することができ、次回以降の受注時に役立てることも可能です。

クラウドソーシングの案件内容を事前に入念に打ち合わせる

57-2

また、クライアントとの契約に入る前に、案件内容について入念に打ち合わせておくことも大切です。クライアントによっては公にしたくない等の理由で募集文に詳細を書かず、ワーカーとの交渉中に具体的な依頼内容を提示することがあります。具体的な交渉になった時に「思っていた内容と違うな……」と思った時は、変更後の内容で受注するのかどうかをもう一度判断しましょう。予算は見合うかどうか、納期は間に合いそうか、自分にできるかどうかの3点を特にチェックし、もし受注できないと思った時は、クライアント様に正直に事情を打ち明けましょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシング案件の納期に間に合わないと思ったら?

57-3

なお、事前に作業目算をたて、入念に打ち合わせをした場合でも、納期トラブルが起こることもあります。急な病気や、作業時間の目算ミス、急な仕事が入って時間をとられてしまったなど、事情はさまざまです。ここでワーカーにのしかかってくるのは「納期に間に合わないかも」「納期に間に合わなかったらクライアントから怒られるかも」という不安ですよね。しかし、クライアントは「納期に間に合わない」という事実を早急に把握したいと思っています。納期に間に合わないと思った時はクライアントに連絡し、今後の案件の進め方をどうするか相談してみましょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングではコミュニケーションが大切

クラウドソーシングはすべてがオンライン上で完結する、「会話のいらない」便利な外注サービスです。しかし仕事である以上、雇用主であるクライアントとのコミュニケーションが欠かせません。慎重に意思疎通をはかり、思わぬトラブルを起こさないよう心がけてみましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク