クライアント向け!クラウドソーシングのメリット・デメリット!

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングの良い点・悪い点

60-1

テレビや雑誌などに多数取り上げられ、新しいアウトソーシングの形として注目を集めているクラウドソーシング。今回は発注者目線から見たクラウドソーシングのメリット・デメリットと、デメリットの打開策についてご紹介しましょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングのメリット

クライアント(発注者)にとってのクラウドソーシングのメリットは、主に3つあります。1つめのメリットは、「必要な時にだけ人材をすぐに調達できる」こと。月末や年度末など、一時的に作業量が増大する繁忙期にのみ、人材をスムーズに調達することができます。2つめのメリットは、「通常の外注よりリーズナブルな価格で発注できる」こと。クラウドソーシングの価格相場は通常の外注より低めに設定されているのが一般的です。3つめのメリットは、「外部の有望な人材との人脈ができる」こと。クラウドソーシングには多くのクリエイターが登録しており、有望な人材も多数活躍しています。クラウドソーシングを通じて外部の有能な人材を見つけ、自社ビジネスに活かすことが可能です。

クラウドソーシングのデメリット

60-2

発注者にとってメリットも多いクラウドソーシングですが、オンラインサービスならではのデメリットも存在します。デメリットのひとつとして挙げられるのが、「ワーカーの実力の見極めが難しい」という点です。クラウドソーシングでは受注者であるワーカーとはオンラインで会い、仕事の進行もすべてネット上で行います。これはクラウドソーシングに限った話ではありませんが、人を雇用する際は「相手が仕事を達成できないかもしれない」というリスクがありますよね。クラウドソーシングは相手が近くにいないぶん、ワーカーの作業進捗は本人の報告のみからしか伺うことができず、納期遅れなどのトラブルに気づきにくいデメリットがあります。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングの悪い点の解消法は?

60-3

納期遅れを防ぐには、ワーカーとの綿密なコミュニケーションが効果的です。携帯・自宅電話番号の交換や、クラウドソーシングサイト外のチャットサービスの利用などを行い、ワーカーの作業状態をチェックできる環境をととのえましょう。進捗報告のため、一日ごとに作業中のデータを提出してもらうのもひとつの手段といえます。

引用元:無料写真素材 写真AC

 クラウドソーシングをうまく活用しよう

クラウドソーシングを活用すれば、リーズナブルに高品質の成果物を得ることができます。大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」には、高評価のワーカーがわかるランキングも常設されています。ランキングを参考に、魅力的な人材を起用してみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク