クラウドソーシングで受注・発注できるライティングのお仕事について!

クラウドソーシングトップに戻る

ライティング案件を受発注したい時にはクラウドソーシングがおすすめ!

18-1

「自社サイトで配信している記事をもっと面白くしたい」。あるいは、「文章を書いて生活していきたい」。ライティングに関するこのようなニーズを満たすものとして、クラウドソーシングというアウトソーシングサービスが注目を集めています。クラウドソーシングを活用することで、発注者はより魅力的なライターを見つけることができ、また受注者は多彩なライティング案件を請け負うことが可能です。このページでは、クラウドソーシングで受発注できるライティング案件についてご紹介しましょう。

引用元:写真素材 足成

クラウドソーシングではどんな案件が発注されている?

クラウドソーシングでは、だれでも書ける日記風のものから、きわめて専門性の高い記事まで、多種多様な記事を発注することができます。案件例としては、旅行メディアのライターの募集、音楽メディアに掲載するウェブ記事の制作、ビジネスコラムのライティング、ゴルフやエステの体験談執筆などが挙げられます。クライアントはクラウドソーシングサイトにライティングの依頼文を掲示するだけで、該当分野の執筆経験があるライター等から応募を受けることが可能です。なお、ライティング案件を依頼する際には、まず記事のターゲット層や掲載媒体、一記事あたりの総文字数、一記事あたりの報酬額、納品予定日を決めましょう。特に記事のターゲット層は、ライターが記事を書くにあたって大きなヒントとなる情報なので、明確に提示するよう心がけます。ちなみに、サンプルがあるとライターはより文のイメージがつかみやすくなります。参照元となる文章は、オリジナルであればベターですが、文章のテイストが類似したサイトでもかまいません。できるだけ参考となるものを用意しておくことをおすすめします。

クラウドソーシングのライティング案件で失敗しないコツとは?

18-2

次に、クラウドソーシングのライティング案件で失敗しないコツについて見てみましょう。発注する際のコツとしては、「始めからひとりの人材に、大量に任せないこと」が挙げられます。ライターにはそれぞれ、一日で書ける分量や、文章の執筆スキルに差があります。いままで一度も一緒に仕事をしたことがないライターに大量に記事を任せてしまうと、予想に反する事態が起こってしまう可能性があります(文章のテイストが希望と違う・文章のレベルが低い・納期に間に合わない等)。まずはトライアルという形で記事を少量だけ発注し、ライターの力量をはかることから始めてみましょう。ちなみに受注する側のコツとしても、同じことが言えます。まずは少量から受注し、作業時間が報酬に見合うかどうかや、自分の文章力でこなせる記事か否かを計ってみましょう。

引用元:写真素材 足成

クラウドソーシングで翻訳をやってみよう!

18-3

なお、クラウドソーシングでは「翻訳」を受発注することも可能です。英語はもちろん、中国語やドイツ語、フランス語など、あらゆる言語の翻訳を依頼・受注することができます。たとえば、外国の方からの急な問い合わせメールがきた時や、外国語のマニュアルを急遽熟読しなければならなくなった時など、「今すぐ語学力のある人が必要」となった時に、クラウドソーシングは大きな力を発揮します。受注者側としても、語学スキルを必要とする案件は高単価であることが多いため、受注するメリットは大きいといえるでしょう。語学力に自信がある人は、精力的にクラウドソーシングを活用することをおすすめします。

引用元:写真素材 足成

クラウドソーシングでライティング案件を受発注してみよう!

クラウドソーシングで受発注できるライティング案件についてご紹介しました。クラウドソーシングを使えば、クライアントはいままで出会えなかったライターを起用でき、ライターはより多くのフィールドで活躍することができるでしょう。クラウドソーシングサイトのライティング案件は、1記事から受発注が可能です。クラウドソーシングを活用して、魅力的なパートナーに出会ってみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク