クラウドソーシング徹底分析!メリットとデメリットを知ろう!

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングで受注するメリット・デメリットって?

「クラウドソーシングは相場が安いから受注者にとっては不利」。「クラウドソーシングは今日からでも仕事ができるから受注者にとって得」。昨今はクラウドソーシングに関するさまざまな情報がメディアで取り上げられています。多様な情報源から飛び交う損得論に、クラウドソーシングで働いてみようと思っている方は「結局のところ、どうなの?クラウドソーシングはいいの?悪いの?」と悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。今回はクラウドソーシング初心者の方に向けて、クラウドソーシングで受注するメリットとデメリットについて詳しくまとめてみました。



クラウドソーシングで受注するメリット!

では、クラウドソーシングで仕事を受注するメリットを、2つにわけて見てみましょう。まず1つめのメリットは、「営業や面接なしに仕事を受注できること」です。一般的に、アルバイトを始める時や新しいクライアントを見つける時などには、営業・面接といった下準備が求められます。しかしクラウドソーシングでは、そのような根回しなしに仕事を受注できるシステムとなっています。迅速に仕事を得たい人にとってクラウドソーシングは、魅力的なアウトソーシングサービスといえるでしょう。、また、2つめのメリットは「時間的な拘束がないこと」です。クラウドソーシングの各案件には〆切が設定されていますが、勤務時間の指定はありません。〆切さえ守れば、一日のスケジュールは受注者自身が自由に決められるようになっています。案件の受注までにかかるタイムラグの短さと、受注後のスケジューリングも自由であること。この2点が、クラウドソーシングで仕事をする大きなメリットといえます。

クラウドソーシングで受注するデメリット!

19-2

次に、クラウドソーシングで受注するデメリットについて見てみましょう。クラウドソーシングのデメリットとしては、「報酬が安価になりやすい」点が挙げられます。クラウドソーシング案件の報酬は、人材の拘束時間ではなく、案件の作業内容の難易度や分量に応じて支払われるのが一般的です(時間単価制を除く)。つまり裏を返せば、どれだけ時間がかかったとしても、一定の金額しか支払われないシステムともいえます。よって人のスキルや能力によっては、時間単価に換算すると安価な報酬になってしまい、外にパートに出たほうが多くの収入を得られる場合もあります。一方で、専門的な知識やスキルを所持している人や、案件の作業スピードが速い人は、自宅に居ながらサラリーマン並の月収を手にすることも可能です。クラウドソーシングの案件は能力給ともいえるでしょう。

引用元:写真素材 足成

クラウドソーシングは利用すべき?

19-3

最後に、クラウドソーシングに向いている人についてご説明します。クラウドソーシングは基本的に、自己管理能力や意欲の高い人に向いているアウトソーシングサービスといえます。なぜならクラウドソーシングでの仕事には、上司や同僚といったサポート役、もとい監督役が存在しないからです。クライアントから請けた仕事の進め方は自分で考える必要がありますし、スケジューリングも自分で行わなければなりません。納期をきちんと守るため、誘惑に負けずにコツコツと仕事をする忍耐力も求められるでしょう。もちろん、資本となる体の健康管理も欠かせません。しかしこれらの自己管理は、社会人には必然的に求められるスキルともいえますよね。「自宅で仕事と休憩のオンオフを切り替えられる人」にとっては、クラウドソーシングは魅力的なフィールドになってくれることでしょう。

引用元:写真素材 足成

クラウドソーシングを活用してみよう!

クラウドソーシングのメリットとデメリットについてご紹介しました。クラウドソーシングの最大の特徴は、「やろうと思った日から挑戦できるサービスであること」です。クラウドソーシングサイトへの会員登録はわずか数分で済みますし、登録料金もかかりません。クラウドソーシングに興味がある方は、まずは「クラウドワークス」等のクラウドソーシングサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」




※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク