Web制作ならクラウドソーシングがおすすめ!その理由とは?

クラウドソーシングトップに戻る

web制作にクラウドソーシングが向いている理由とは?

4-1

インターネットが各家庭に普及し、あらゆる企業が自社ホームページを持っている……現代日本においてインターネットメディアという存在は、ビジネスにおいてもはや無視できない市場に成長しています。しかし、自社のホームページは会社の建物とは異なり、一度公開したものをずっと使い続けると顧客に飽きられてしまう可能性も……。季節ごとにデザインを変えたり、新商品のランディングページを作ったりなど、工夫をこらしている会社も多いのではないでしょうか。しかし、サイトリニューアルのたびに人件費も発生するので、企業側としては頭を悩ませてしまいますよね。そんな時は、クラウドソーシングを活用してみてはいかがでしょうか。今回は、web制作にクラウドソーシングが向いている理由についてご紹介しましょう。

引用元:写真素材 足成

理由1:クラウドソーシングは外注コストが安い

まずクラウドソーシングには、制作会社に依頼するよりも外注コストが安いという特徴があります。コストが安い理由としてはさまざまな要因がありますが、主に次の2つが挙げられます。ひとつめの理由は、「報酬が安くてもいいから経験をつみたい」という新鋭デザイナーが見つかりやすいから。デザインを始めとするクリエイティブな仕事の相場は、デザイナーの技量やブランド力に大きく左右されがちです。クラウドソーシングサイトではプロのデザイナーも多く活躍していますが、中にはデザイナー職を始めたばかりの駆け出しクリエイターも存在します。人材の力量に幅があるということは、人材が要求するコストにも幅があることを意味します。「ニーズと予算にあう人材」が選びやすくなっているため、適切なコストで制作をすることが可能です。また、2つめの理由は、人件費が安い海外のリソースを簡単に活用できるから。ビジネスレベルの英語スキルがあれば、海外のクラウドソーシングサイトを利用して、より人件費の安いwebエンジニアを会社に居ながら起用することが可能です。

理由2:クラウドソーシングなら小分け的な発注が可能!

4-2

また、クラウドソーシングは「大幅なサイト改装はしたくないけれど、ここの部分をいますぐ、ちょっとだけ変えたい」「期間限定のページだけを速急に作りたい」という、細かいニーズを満たしたい時にも役立ちます。通常の外注では、なにを発注するにしても「委託先探し」や「見積もり請求」や「契約書のやりとり」といった手間が発生しますよね。サイトのここをちょっと変えたいだけなのに……と、時にはため息をついてしまうことも。しかしクラウドソーシングでは、人材の発掘からマッチング、打ち合わせ、納品、支払いのすべてがオンラインで行えるようになっています。「ちょっとだけ○○を頼みたい」という依頼を気軽に持ちかけることができる。この点も、web制作の外注先におけるクラウドソーシングのメリットといえるでしょう。

引用元:写真素材 足成

クラウドソーシングで外注する際の注意点!

4-3

クラウドソーシングでweb制作を外注する際には、web制作の知識を蓄えてからにすることをおすすめします。エンジニアやデザイナーたちはどのようにサイトをつくっていくのか、またはどのような素材が必要になるのかなど、彼らの仕事の手順等をひととおり把握しておくとよいでしょう。なぜなら、クラウドソーシングは「最低限のコミュニケーションで効率的に仕事ができる」というメリットがある反面、受注者と発注者双方のスキルや知識に頼る部分があるためです。web制作に関する知識があれば、エンジニアからメールで専門的な説明をされた時に「それはどういうことですか?」と聞き返すことなく、スムーズに制作を進めることが可能でしょう。逆に知識がなければ、詳しい説明を求めることになり、それだけメールの数も膨大なものになってしまいます。お互いの共通認識があればあるほど、制作は簡単に進みます。まずは手始めに、web制作の入門書に目を通してみましょう。

引用元:写真素材 足成

クラウドソーシングを使ってみませんか?

クラウドソーシングを使いこなせば、よりリーズナブルに、かつ効率的にweb制作を進めることが可能です。気になった方は、これからクラウドソーシングサイトを覗いてみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク