副業でクラウドソーシングを始める前に!知っておきたい注意点!

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングで副業したい!事前に知っておくべきこととは?

アベノミクスによる消費税の増税や、物価の上昇など、昨今の経済状況は家計にとってはかなり手痛い状況になっています。苦しい家計を少しでもラクにするために、副業を考える方も多いのではないでしょうか。「もうちょっと収入があれば生活もラクになるのにな……」「家計を助けるために、簡単に始められる仕事はないだろうか……」このような悩みをお持ちの方には、クラウドソーシングがおすすめです。クラウドソーシングを利用することで、本業や家事を担う本来のライフスタイルを崩すことなく、収入を得ることができます。このページでは、「クラウドソーシングを今日からやってみたい!」という方のために、クラウドソーシングで副業を始める前に知っておきたいことについてまとめてみました。



クラウドソーシングの注意点1:副業が禁止されていませんか?

まず自身がサラリーマンである場合は、勤務先の就業規則を確認しておくと安心です。会社によっては副業を禁止していることもあるためです。副業禁止の規則がある会社に属しながら副業を始めてしまうと、最悪の場合、職を失うことさえあります。「ばれなければ……」と考えてしまうこともあるかもしれませんが、副業の収入が20万円を超えると確定申告をする必要性があるため、住民税の価格等から会社にばれることもあります。副業は、本業があってこそ成り立つものです。「ばれなければいいや」という考えは控えたほうがよいといえるでしょう。

クラウドソーシングの注意点2:家族の理解は得られていますか?

12-2

次に、クラウドソーシングで副業を始める際には、家族の理解を得てから行うようにしましょう。クラウドソーシングは家の外で行うダブルワークとは異なり、自宅で作業をすることが多いワークスタイルです。「生活スペースである自宅を仕事場にする」のは、一見とても便利に思えるものですが、意外と家族との衝突も起こりやすいといえます。たとえばリビングを仕事場にしてしまうと、家族がゆっくりくつろいでいる時間に、自分は同じ場所で仕事をすることになりますよね。テレビの騒音や、子どもたちの騒いでいる声が億劫になってしまうこともままあります。とはいえ、家族にとって自宅は仕事場ではなく、「自由にリラックスできる場所」です。静かにしろと怒り続けると、ストレスのたまった家族と喧嘩になってしまうことも……。クラウドソーシングを始める前には、自宅が仕事場として機能する場所かどうか、家族の生活を極力壊さないで自分の仕事場を作れるかどうかを考えてみましょう。

引用元:写真素材 足成

クラウドソーシングの注意点3:本業に支障がでないようにする!

12-3

最大の注意点は、「本業に支障がでないようにすること」です。多くの会社が副業を禁止しているのは、副業に没頭するあまり、本業がおろそかになることを懸念するためといわれています。クラウドソーシングで仕事を受注する際には、本業に支障がでない、ウェイトの軽い案件を請け負うように心がけましょう。なお、仕事を受注する際の注意点としては、クライアントが提示している「作業時間」をうのみにしないことが挙げられます。クライアントがいう作業時間は、あくまでクライアントの目算であるからです。作業時間は受注者のスキルや熟練度によって異なるため、必ず自分なりの予測をたててから依頼を受けるようにしましょう。無理のない分量を請け負うことで、本業と副業を両立させることが可能です。

引用元:写真素材 足成

クラウドソーシングを始めてみよう!

仕事を始める前に、会社の就業規則を確認しておくこと。家族の理解を得ておくこと。仕事を受注する際は、本業に支障がでない分量の仕事を請け負うこと。クラウドソーシングで副業を始める前に知っておきたい、3つの注意点についてご紹介しました。以上の点をおさえれば、今日から自宅で副業を始めることができます。仕事に慣れ、さまざまなスキルを身につけていくことで、本業以上の収入を得ることも可能でしょう。自宅の中にオフィスを持って、今日からクラウドソーシングを始めてみませんか?


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」




※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク