クラウドソーシング初心者向け!受注する前の注意点!?

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングで受注する前に知っておきたいこと!

昨今、「クラウドソーシング」という働き方が注目を集めています。クラウドソーシングは自宅にいながら仕事を受注できるほか、特別なスキルを持たない人材でも容易に参加できるという点が魅力です。しかし、「特別なスキルを持たない人材でも参加できる」とはいえ、やはり最低限のビジネスマナーなどが必要です。今回は、クラウドソーシングで受注する前に知っておきたいことについてまとめてみました。



クラウドソーシングで受注した内容は口外しない!

95-2

クラウドソーシングは基本的に、インターネットを通じてクライアントとやりとりをします。契約の締結はもちろんのこと、作業内容の打ち合わせや、完成した成果物データの納品、報酬の支払いにいたるまでのすべてがオンラインで完了する点がクラウドソーシングの強みです。しかし一方で、クライアントは社外にいるワーカーに情報を渡すことで、資料や作業内容等が流出するかもしれないというリスクを負うことになります。このような情報流出の要因は、主に2パターンです。ひとつは、ワーカーが故意あるいは不意に口外してしまうパターン。もうひとつは、パソコンがウイルスに感染したことによるデータ流出のパターンです。もしいずれかの方法で情報が流出し、クライアントにとって不利益が生じた場合、ワーカーは損害賠償等の責任を負わねばならなくなります。受託した仕事にはあくまで守秘義務が発生することを念頭におき、友人や家族に仕事の内容を話しすぎないよう、配慮することが必要です。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングに必要なビジネスマナーを知っていますか?

クラウドソーシングは従来の外注方法とは異なり、クライアントと直接顔をあわせることの少ないアウトソーシングサービスです。クライアントとの連絡は、メールやチャットといった文字でのやりとりが多く、通常の外注方法と比べて気苦労が少ない点も魅力といえます。しかし「顔を合わせない」からといって、無作法でよいというわけではありません。むしろ直接会わないからこそ、文面上での丁寧な対応やマナーが求められます。あらかじめ社会人として経験を積んでいる場合は、取引相手とのメールマナーや、上司への礼儀が身についていることが多いので、事前準備をしなくてもスムーズに取引を進めることも可能でしょう。しかし、クラウドソーシングへの参入前に社会経験がない場合は、書籍等でマナーを勉強してからクライアントに声をかけたほうが賢明といえます。

クラウドソーシングで最低限求められるスキルとは?

95-3

クラウドソーシングサイトには多種多様な依頼が寄せられているため、「最低限必要なスキル」にも幅があります。たとえば大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」には、ロゴデザインやウェブデザイン、アプリ開発、翻訳、データ入力といった、さまざまなジャンルの仕事が集まっています。各案件ごとに必要なスキルが異なるので、まずは自分にあった依頼を見つけることから始めてみましょう。特別なスキルがなくてもできる仕事としては、「アンケート回答」「データ入力」「ブログ記事制作」等が挙げられます。これらの仕事は、パソコンの操作知識と、オフィス系のソフト操作知識、ブラインドタッチといった基本的なパソコンスキルがあれば受注することが可能です。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングに参加してみよう!

クラウドソーシングで受注する前に知っておきたいことについてご紹介しました。クラウドソーシングは「いつでも、どこでも、だれでも簡単に仕事を受注できる」という大きなメリットを持つアウトソーシングサービスです。しかし一方で、向上心や情報管理能力、スケジューリング能力などの自己マネジメントスキルがないと収入を確保できないというデメリットも持っています。請け負った仕事は、責任をもって最後までやりとげること。この一点を念頭において、クライアントから信頼されるワーカーになってみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」




※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク