フリーランスの短所を払拭できる!クラウドソーシングのメリット!

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングの利点って?

96-1

「フリーランスは体の自由が効きそうでうらやましい」「フリーランスは上司がいないから楽そう」。フリーランスはサラリーマンの方々から、とても自由なワークスタイルとして認識されがちです。しかし実際にフリーランスをやってみると、「会社」という後ろ盾が自身の仕事や生活をどれだけサポートしてくれていたかが身にしみるものですよね。フリーランスは、営業も、経費計算も、仕事の処理も、時間管理も、なにもかも一人で担う必要があります。そんな一人親方をサポートしてくれるサービスとして、昨今「クラウドソーシング」が注目を集めています。クラウドソーシングとは、インターネットを使って仕事を受発注することができるサービスのことです。今回はフリーランスにとっての「クラウドソーシングの利点」についてまとめてみました。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングは顧客獲得に役立つ!

まず始めに、クラウドソーシングを使えば仕事時間のあいまに新しい顧客を獲得できます。通常、フリーランスが新しい取引先を得るためには、クライアントになってくれそうな人に営業をかけたり、仕事募集の広告を打ったりといった「営業」が必要になりますよね。もちろん、仕事で知り合ったクライアントが他の取引先を紹介してくれることもありますが、より多くの顧客を得るためには自発的に営業をかけていく必要があります。しかしフリーランスは受注した仕事をこなすだけでスケジュールが埋まり、顧客層をひろげていくことまで手が回らないこともしばしばです。クラウドソーシングは、そのようなジレンマを払拭したい時に役立ちます。クラウドソーシングサイトには、多種多様なジャンルの仕事が多く寄せられています。サイトの会員はいつでも依頼を閲覧することができる他、やりたい仕事が見つかった場合はすぐに受注希望メールを出すことが可能です。営業コストや時間をかけることなく、新規クライアントとマッチングできるでしょう。

クラウドソーシングなら得意な仕事を選びやすい!

96-2

また、クラウドソーシングは「得意な仕事だけを受注したい」時にも役立ちます。フリーランスは一人親方という特徴上、得意・不得意分野の偏りが出やすくなります。加えて「一人」という限られたマンパワーのため、ライバルである制作会社にくらべて対応できる仕事量も少なくなります。しかしクライアントは、フリーランスが看板をかかげている以上、「職種の領分の仕事であればやってくれるのだろう」という認識で依頼をもちこんできますよね。フリーランスとしてはできるだけ受注したいと思うものの、物量的・スケジュール的・スキル的な問題でお断りしなければならないことも……。しかしクラウドソーシングは、フリーランス側からクライアントに「仕事に参加させてほしい」と連絡するアウトソーシングサービスです。受注できない仕事は始めからスルーできる他、得意な仕事だけを受注することも可能です。

引用元: 写真素材 足成

まだまだある!クラウドソーシングのメリット!

96-3

クラウドソーシングには、他にもフリーランスにとって嬉しいメリットがあります。たとえばクラウドソーシングでは、仕事にかかるコミュニケーションコストを大きくカットできます。通常の外注では、取引先企業と打ち合わせをする際には、時間や費用が発生しますよね。会場費や交通費、打ち合わせにかかるタイムコストなどが例としてあげられます。これらのコストはフリーランスにとって手痛い出費となり、かさめばかさむほど赤字に近づいてしまいます。一方クラウドソーシングは、契約から打ち合わせ、納品、支払いまでのすべてがオンラインで完了するシステムです。移動時間や打ち合わせ時間がカットできるので、一日一日を有効に仕事にあてられます。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングに参加しよう!

フリーランスにとっての「クラウドソーシングの利点」についてご紹介しました。なお、大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」は、フリーランスの支援制度「フリーランスライフサポート」が充実しています。スキルアップ支援や、外部チャットサイトの有料サービスの無償化、福利厚生といったサポートを受けられるので、クラウドソーシングで活動する際にはぜひ利用してみましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク