受注者向け!クラウドソーシングのお悩みを解決します!

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングならではの悩みとは?

97-1

クラウドソーシングは、自宅にいながらさまざまな仕事を受注できるインターネットサービスです。自分の好きな時に仕事ができるほか、職務上の人間関係のしがらみも少ないなど、ストレスなく働ける点が魅力です。このように、普通のアルバイトやパートにくらべて対人ストレスが少ないクラウドソーシングですが、一方で「依頼者と顔をあわせないこと」からくる不安や悩みが存在します。今回は、クラウドソーシング受注者が抱きやすい悩みと解決方法についてまとめてみました。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングの悩み1:「クライアントから採用連絡がこない」

クラウドソーシング受注者が抱きやすい悩みとしては、「案件に応募したのにちっともクライアントから返事がこない」という苛立ちが挙げられます。クラウドソーシングでの仕事の流れは、まず①発注者が特定のクラウドソーシングサイトに仕事の依頼を出す→②クラウドソーシングサイトに依頼が表示される→③受注者が依頼を閲覧し、応募する→④発注者から受注者に採用連絡を送る、というフローで進みます。受注者は「③依頼を閲覧し、応募」したあとは発注者側のリアクションを待つことしかできないため、なかなか先方から連絡がこないとイライラしてしまい、ストレスがたまりやすくなります。こんな時は、「返事を気にしてじっと待つ」のではなく、「返事がくるまでの時間を有効に使う」ように心がけましょう。スキルアップのための勉強にあてる、採用の連絡が来たらスムーズに対応できるように家事や他の仕事をすませておくなど、できることを探して処理します。また、クライアントによっては、不採用の場合は何も連絡をしないことがあります。クラウドソーシングの案件に応募した際は、先方からの採用連絡を構えて待ちすぎないようにしてみましょう。

クラウドソーシングの悩み2:「ずっと仕事に追われている気がする」

97-2

クラウドソーシングは、自分が好きな時に、好きなだけ働けるワークスタイルです。自分で作業時間や休憩時間を自由に設定でき、ストレスフリーで働ける点が魅力ですよね。しかし一方で、「始業時間」「終業時間」という区切りがないため、いつも仕事に追われているような錯覚に陥りやすいともいえます。「いつも仕事に追われている気がする」という疲労感をなんとかしたい時は、作業の進捗管理が有効です。クラウドソーシングサイトから仕事を受注したら、まず仕事の総量を、作業可能日数で日割りしてみましょう。たとえば記事制作を受注した時は、自分が作業できる日数で総記事数を割ってみます。「一日最低これくらいの仕事をすればいい」という目算をたてることで、案件への焦りや不安に、必要以上に急かされなくなります。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングの悩み3:「受注数が増えない……」

97-3

受注者の大きな悩みとしては、「案件を受注したいのに、なかなか受注数が増えない」というものが挙げられます。クラウドソーシングは会社勤務とは異なり、仕事を受注しないと収入が得られません。そのため、できるだけスムーズに仕事を受注したいと思うのがワーカーの常ではないでしょうか。クラウドソーシングサイトで受注数を増やしたい時は、まず自身のプロフィールページの見直しをしてみましょう。クラウドソーシングサイトのプロフィールページは、自身の名刺といえるものです。白紙のままにしていると、クライアントは受注者のスキルや経歴が分からず、仕事をまかせていいのか計りかねてしまいます。所持している資格やこれまでの職歴を明記し、クライアントからの信頼が得られる「名刺」を作ってみましょう。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングに挑戦してみよう!

クラウドソーシング受注者が抱きやすい悩みと解決方法についてご紹介しました。クラウドソーシングは日本を始め、海外でもめざましい成長を続けているビジネスモデルです。クラウドソーシングでの働き方に慣れておくことで、新時代のビジネスにスムーズに参加できるようになるでしょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク