満員電車にサヨナラ!新しい働き方「クラウドソーシング」とは?

クラウドソーシングトップに戻る

新しい働き方「クラウドソーシング」って?

101-1

毎朝決まった時間に起き、決まった時間に家を出て、決まった時間に会社に向かう。これが、一般的なサラリーマンの朝のはじまりですよね。どんなに体がだるくても、あるいは満員電車が苦痛でも、給料をもらうためには会社に行かなければならない……そんな毎日に、疲労感を覚えてしまうこともあります。しかしそんなお悩みも、クラウドソーシングを利用すれば簡単に解消できることをご存じでしょうか。近年、アメリカをはじめとした欧米諸国で「クラウドソーシング」というワークスタイルが登場しています。クラウドソーシングとは、インターネットをつうじていろいろな仕事を受注できるサービスです。受注者となるための必須資格はなく、依頼を最後まで完遂できる責任感とインターネット環境さえあれば今日から働ける点が大きな魅力です。今回は、クラウドソーシングの魅力についてご紹介しましょう。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングは職場を自由に選択できる!

クラウドソーシングは、「どこで仕事をしてもかまわない」という点がメリットです。まずクラウドソーシングを使って仕事をする時の流れについてご説明しましょう。クラウドソーシングで仕事をする際は、クラウドソーシングサイトのメンバー登録をする事から始めます。次にクラウドソーシングサイトに寄せられた仕事を閲覧し、受注できそうな仕事に応募します。あとはクライアント(発注者)からの採用連絡を待つだけです。採用が決まった後は、「納期に間に合わせる」「品質を維持する」「情報漏洩をしない」という3点を守れるのであれば、どこで仕事をしてもかまいません。自宅のベッドの中で作業してもかまいませんし、身近なコワーキングスペースに出かけてもいいでしょう。つまり、わざわざ満員電車に乗って職場に出かけ、時間通りに席に座る必要がない、ということです。自分がリラックスして作業できる場所を自由に選んでみましょう。

クラウドソーシングは対人ストレスが少ない!

101-2

また、クラウドソーシングは職場の人間関係の悩みが少ない点もメリットといえます。会社勤めの場合、職場の同僚や上司とは毎日強制的に顔をあわせることになるので、苦手な人がいる場合には少々ストレスになりますよね。また、飲み会や社内旅行といった人付き合いに出席する必要がある点も「会社勤めのおっくうなところ」といえるのではないでしょうか。このような社内のつきあいは「自由参加」と謳われていることが多いものの、付き合いをおろそかにしていると職場の人間関係が悪化する可能性もあるので、なかなかきっぱりと断りにくいのが実情です。しかしクラウドソーシングでは、クライアントとの契約、打ち合わせ、納品、支払いにいたるまでのすべてがオンラインで簡潔するシステムとなっています。「毎日職場に通う必要がない」というクラウドソーシングのメリットは、精神的なストレスの軽減にもつながる、というわけです。対人ストレスでお悩みの方にとって最適のワークスタイルといえるでしょう。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングだけで生計をたてることは可能?

101-3

ここで気になるのが、クラウドソーシングの収入だけで生活していけるのか、というポイントですよね。結論からいうと、「受注者のスキルによる」としかいえません。たとえば高度な英語スキルを所持しているのなら、国内のクラウドソーシングサイトのみならず、海外のクラウドソーシングサイトでも仕事が受注できるようになります。仕事の選択肢が世界規模にまでひろがるので、クラウドソーシングだけで食べていける可能性が増えるでしょう。また、専門的な技術および知識を持っている場合は、人材の希少性や、ひとつの仕事の単価が高い等の理由から、高い収入を得られる可能性があります。クラウドソーシングはあくまで「インターネットを使って仕事が受発注できるシステム」です。クラウドソーシングを使ってどのように稼いでいくかは、受注者ひとりひとりの手腕にかかっているといえます。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングを使ってみよう!

クラウドソーシングの魅力についてご紹介しました。クラウドソーシングは、ちょっとした副収入がほしい時にも役立ちます。クラウドソーシングを使って、より豊かな生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク