どんな時に使うと効果的?クラウドソーシングの使い時をまとめてみた!

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングで容易に解決できるニーズとは?

115-1

みなさんは、どんなタイミングで「外注」という手段を使いますか? たとえば、自社では処理しきれない仕事が発生した時。あるいは自社の人材をよりコアな業務に従事させるため、専門性の低い仕事を外部の人材で処理したい時。外注は、「自社にはないものを外から輸入したい時」や、「自社のリソースをより有意義に使いたい時」に利用することが多いものですよね。しかし、もっと有効的に外注を活用できるとしたら、どうでしょうか。昨今新しい外注方法として注目を集めているクラウドソーシングは、従来の外注のメリットに加えて、さらに多くの利点を持っています。今回は、クラウドソーシングで簡単に解決できる「3つのニーズ」についてご紹介しましょう。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングは多くのアイデアを集めたい時に最適!

クラウドソーシングは、通常の外注よりも大量のアイデアを得たい時に向いています。もっと正確に表現すると、「大量のクリエイターに案を出してもらいたい時に向いている」といえるでしょう。クラウドソーシングサイトには、コンペ形式という発注方法があります。コンペ形式の特徴は、クライアントが出したひとつのニーズ(たとえば、自社のロゴデザインがほしい)に対して、多くのクリエイターからの提案が集まりやすいという点です。通常の外注時では、ひとりのロゴデザイナーにロゴ制作を依頼し、そのクリエイターが制作した作品の中で、最適なものを選ぶことになりますよね。しかしクラウドソーシングのコンペ形式では、ひとりのデザイナーにしぼってから制作してもらうのではなく、「複数のクリエイターに作品を制作してもらい、その中から最良のものを選ぶ」という贅沢な流れになっています。コンペ形式ではロゴデザインやネーミング、キャッチコピー、アプリのアイデアといったさまざまな案件を発注することができ、それぞれ多彩なアイデアを得ることができます。もちろんクライアントが払う代金は、採用した作品にのみ発生します。クラウドソーシングは、クリエイターを選ぶ手間や時間をカットしつつ最良の成果をあげたい時におすすめといえるでしょう。

クラウドソーシングは早く人材を集めたい時にも向いている!

115-2

また、クラウドソーシングは「いますぐ人材がほしい時」にもうってつけのサービスです。クラウドソーシングは従来の外注と異なり、「人材を探す手間」がはぶける点が特徴といえます。クラウドソーシングサイトではすでに多くのクリエイターがデーターベース化されており、クライアントからいつでもアクセスできるようになっています。「こういう仕事をすぐにやってほしいのですが……」と直接スカウトメールを出すこともできますし、「いますぐ以下の仕事をやってください」と、クラウドソーシングサイトに依頼文を掲示することもできます。クラウドソーシングは人材をオンライン化することにより、迅速かつスムーズな取引を可能にしているサービスです。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングはコストを抑えたい時にピッタリ!

115-3

なお、クラウドソーシングの「人材のオンライン化」は、人件費の削減という嬉しい副産物をもたらしています。通常の外注では、たったひとりの人材を使うために、複数の「仲介人」をとおす必要がありますよね。仲介人は人材派遣会社の営業マンであったり、制作会社という母体であったりと形態はさまざまですが、彼らは悪くいえば「実際に作業をしてもらう費用」とは別に、マージンをとる存在といえます。しかしクラウドソーシングでは、クリエイター個人と企業がダイレクトに繋がることができるシステムです。仲介者がいないため、人件費を最小限に抑えることができます。

引用元: 写真素材 足成

クラウドソーシングをビジネスに活かそう!

より多くのアイデアを得たい時。より早く人材を集めたい時。より安くコストを抑えたいとき。クラウドソーシングで容易に解決できる3つのニーズについてご紹介しました。クラウドソーシングを使って、外注という手段をより効果的に利用してみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク