私にもできる?クラウドソーシングで稼ぐ人の特徴とは?

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングで稼ぐには?

116-1

「クライアントとの契約手続きから納品までのすべてが自宅でできる」。「営業や面接といった手間なしに仕事をまかせてもらえる」。在宅での仕事を希望する人にとって、クラウドソーシングは画期的なサービスといえます。従来の在宅ワークにはない数々のメリットを受けて、クラウドソーシングでの受注を考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、初めてクラウドソーシングで受注する際に付いて回るのが、「本当に稼げるの?」「本当に報酬を支払ってもらえるの?」という不安ですよね。このページでは、クラウドソーシングで稼ぐ人の特徴や、報酬の支払いに関するリスクについてまとめてみました。

引用元: PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

クラウドソーシングで稼げる人の特徴!

始めに、クラウドソーシングで稼げる人の特徴についてご紹介します。クラウドソーシングで稼げる人の特徴は、主に「自発的・能動的・向上心を持っている人」だといえるでしょう。まず前提として抑えておきたいのは、「クラウドソーシングはあくまで受注者と発注者を結ぶシステムに過ぎない」という点です。つまり、クラウドソーシングというシステムを使って稼げるかどうかは、本人のスキルレベルや努力に大きく左右されるといえます。日本中および世界中の人々と関わることができるクラウドソーシングという場で、自分をどう活かしていくか。自分のどんなスキルを発揮していくのか。まずは、この点を考えることから始めてみましょう。もちろん、活躍する仕事のジャンルをひとつに絞る必要はありません。極論をいえば、ロゴデザインやウェブデザイン、ライティング、アプリ開発といったすべての仕事を請け負える人材を目指すことも可能です。クラウドソーシングサイトに寄せられた仕事を見て、どんな仕事なら請け負えるのかを検討してみましょう。

クラウドソーシングで「報酬未払い」は起こりえるの?

116-2

次に報酬の支払いに関するリスクですが、クラウドソーシングでの報酬の未払い等のリスクは、きわめて低いといえます。クラウドソーシングサイトで大手のクラウドワークスでは、報酬トラブルのリスクを軽減するため、仮払い制を導入しています。仮払い制とは、クライアントとワーカーの間で契約が成立した時に、クライアントが先立って報酬を支払う制度のことです。通常、労働の報酬は「クライアントから与えられた仕事を完了した後」に支払われるのが一般的ですよね。しかしクラウドワークスでは、契約が成立した時にクライアントから報酬額を預かることで、ワーカーにきちんと報酬が行き渡るようサポートしています。契約が完了した後、クラウドワークスがクライアントから預かっていた仮の報酬が、正式な報酬としてワーカーの口座に振り込まれます。なお、クライアントがクラウドワークスの与信を通過した場合(著名な企業である等の理由で支払い能力に問題がないと判断されている場合)は、報酬が後払いになることもあります。

引用元: PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

クラウドソーシングで発注者になるのもアリ!?

116-3

なお、クラウドソーシングではだれでも発注者になることが可能です。つまり、クラウドソーシングで人材を集め、新しいビジネスを興すこともできます。アフィリエイトサイトやキュレーションサイト、通販サイトなど、インターネットのウェブコンテンツの中には個人が運営しているものも多くあります。オリジナルのウェブサイトをクラウドソーシングのクリエイターにデザインしてもらい、サイトの運営を通じて収入を得る……という方法も、ひとつのビジネスモデルといえるでしょう。

引用元: PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

クラウドソーシングを使ってみよう!

クラウドソーシングで稼ぐ人の特徴や、報酬の支払いに関するリスクについてご紹介しました。クラウドソーシングにはいろいろな活用方法があることがおわかりいただけたかと思います。クラウドソーシングを使って、自分ならではのビジネスを始めてみてはいかがでしょうか?


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク