クラウドソーシングサイトを比較!自分にマッチするものをさがそう!

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングサイトはどこが違うの?

119-1

「クラウドソーシング」という用語が誕生してから約十年。インターネットを通じていつでも仕事を受発注できるクラウドソーシングは、ビジネスの効率化を促進するツールとして高い注目を集めています。海外はもちろんのこと、日本国内でも多くのクラウドソーシングサイトがサービスを展開しており、それぞれユーザーを獲得しようと独自の戦略を打ち出しているのが現状です。クラウドソーシングを利用してみようと思うユーザーにとっては、「選択肢の自由があること」は決してデメリットではありませんよね。しかし一方で、自分のスキルや発注案件に合っているサイトの選び方が分からず、困ってしまうことがあります。このページでは、自分に合ったクラウドソーシングサイトの選び方についてご紹介しましょう。

引用元: PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

クラウドソーシングサイトの比較1:募集案件のジャンル

クラウドソーシングサイトを選ぶ時の1つめのポイントは、「自分が受発注したい案件に強いサイトを選ぶこと」です。クラウドソーシングサイトにはそれぞれ寄せられている案件のジャンルに傾向があります。たとえばクラウドソーシングサイトのクラウドワークスには、Webデザインやサイト構築といったIT系の仕事や、データ入力・ライティング等のタスク系の仕事が多く寄せられています。クラウドワークスは複数のジャンルの案件が受発注できる「総合型クラウドソーシングサイト」なので、いろいろなジャンルの案件に挑戦したい方や、クラウドソーシングを日々の業務に臨機応変に取り入れたいクライアントの方に向いているといえるでしょう。また、クラウドソーシングサイトの中には、特定のジャンルの案件のみを受発注できる「特化型」の形をとっているものもあります。まずは自分が受発注する予定の案件のジャンルを鑑みて、総合型と特化型、どちらのサイトが向いているのかを考えてみましょう。

クラウドソーシングサイトの比較2:サイト利用料

119-2

クラウドソーシングサイトを選ぶ時の2つめのポイントは、「サイトの利用料」です。クラウドソーシングサイトの多くは、受注者あるいは発注者からサイト利用料を取るようになっています。一般的には、発注者の利用料は無料。受注者の利用料は報酬額から何パーセントかを差し引くという形をとっていることがほとんどです。まずはクラウドソーシングサイトを比較して、受注者なら報酬額のうち何割が利用料となるのか、発注者なら利用料の有無について確認してみましょう。なお、サイト利用料はキャンペーンや経済状況などによって変動する可能性もあります。

引用元: PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

クラウドソーシングサイトの比較3:サポート制度

119-3

クラウドソーシングサイトを選ぶ時の3つめのポイントは、「サポート体制が充実しているかどうか」です。クラウドソーシングサイトの中には、ユーザーのスキルアップを支援するサポート制度や、ユーザー同士で仕事の相談ができる質問ページを設けているものがあります。クラウドソーシングサイトの支援制度は仕事を進めるうえで大きな助けになってくれるほか、多くの知識や技術を身につけたい時にも役立つでしょう。なお、クラウドワークスではクライアントとワーカーが意見を交換しあえる質問ページ「お仕事相談所(2014年12月以降は『見積もり相談所』にリニューアル)」を提供しています。案件の報酬額をいくらにすればいいのか迷った時は、お仕事相談所に質問を投稿してみましょう。

引用元: PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

自分に合ったクラウドソーシングサイトを選ぼう!

クラウドソーシングサイトを選ぶ時のポイントについてご紹介しました。自分にあったクラウドソーシングサイトを見つけることで、よりマッチングがしやすくなり、受発注をスムーズに進めることができるようになります。また、クラウドソーシングのサポート制度を利用すれば、効率的にスキルアップをはかることや、今の仕事環境をより快適に整えることも可能でしょう。今回の記事を参考に、自分にマッチするクラウドソーシングサイトを探してみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク