クラウドソーシングで簡単作成!自分好みの名刺デザインをつくろう!

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングでは名刺まで作れる!

130-1

社会人の必須アイテムといえば、名刺ですよね。名刺は自分の立場を相手に提示できるほか、会社のコンセプトやカラーを一目で伝えられるツールでもあります。フリーランスとして活動しはじめた時や、新しい部署を立ち上げた時、事業刷新をはかりたい時などには、新しい名刺のデザインを用意する方も多いのではないでしょうか。名刺デザインを委託する外注先にはさまざまなものがありますが、手軽にデザインを作成したい場合は、クラウドソーシングの利用がおすすめです。クラウドソーシングでは、インターネット上で簡単に、自分好みの名刺デザインを作ることができます。このページでは、クラウドソーシングで名刺デザインを発注するメリットや注意点についてご紹介しましょう。

引用元: PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

クラウドソーシングのメリット!

クラウドソーシングで名刺デザインを作るメリットとしては、「手軽さ」が挙げられます。まずクラウドソーシングでは、外注のネックになりやすい「デザイナー捜し」をする必要がありません。デザイナーのプロフィールや実績がすべてオンラインでデータ化されているので、足を使って先方を訪ねたり、電話でアポイントを取ったりといった手順を踏むことなく、人材にアクセスすることができます。また、発注から打ち合わせ、納品、支払いにいたるまでの全てをオンラインで行える点も魅力です。デザイナーと直接会う必要がないので、通常業務の合間にオンラインで打ち合わせをしたり、進捗を確認したりすることもできます。デザイナーと名刺デザインに関して打ち合わせたら、あとは成果物の完成を待つだけ。才能あるデザイナーの助力を借りて、自分らしいデザインを作ることが可能です。

クラウドソーシングの注意点!

130-2

クラウドソーシングでデザインを発注する時の注意点は、主に2つです。ひとつは、作品のテイストを伝える際に、曖昧な形容に頼りすぎないこと。「近代的」「スタイリッシュ」「誰も見たことがない」など、人によって解釈の異なる言葉を多用しないように心がけましょう。具体的なカラーのイメージや、デザインの参考になりそうな絵、名刺を渡す相手の人物像、名刺を渡した相手に与えたい印象などを考え、「名刺を通じて何を伝えたいか」というストーリーをデザイナーと共有しましょう。ふたつめの注意点は、デザインの転用に気をつけること。これはクラウドソーシングだけの話ではありませんが、デザイナーの中には以前制作したデザインの転用、または他のデザイナーのアイデアの流用を行うケースがあります。名刺デザインが納品されたら、まずはデザインの転用がないかどうかについて確認してみましょう。

引用元: PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

クラウドソーシングでは評価を忘れずに!

130-3

また、寄せられた作品にコメントや評価をつけることも忘れないようにしましょう。たとえばクラウドワークスでは、コンペに寄せられたデザインなどに、星の数で評価をつけることができます。クライアントの好みを星の数によって示すことで、クリエイターはクライアントのニーズの傾向をより的確に掴むことが可能です。また、高評価をもらうことができれば、作り手としての励みにもなるでしょう。クラウドソーシングは相手の顔が見えないサービスであるため、ほんのささいな言葉や意思表示が相手の記憶に残りやすい傾向にあります。自分ときちんとコミュニケーションをとって評価してくれる上司と、仕事をおしつけるだけであとは見向きもしない上司。あなたはどちらに協力したいと思いますか? 相手のことを考えた対応をすることで、より協力的なコンペを行うことができます。

引用元: PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

クラウドソーシングを使って魅力的なデザインを作ろう!

クラウドソーシングで名刺デザインを発注するメリットや注意点についてご紹介しました。上記の内容を参考にクリエイターの力を引き出し、すてきな名刺デザインを制作してみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク