在宅で仕事したい人におすすめ!クラウドソーシングのメリット

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングをご存じですか?

近年は社会人1人あたりの所得平均額が低く、「夫婦共働き」を強いられる時代です。加えて、子どもたちの世話や、両親の介護をする必要もあるため、働き盛りの20代~40代の負担はますます重いものとなっています。このような状況下で増えるのが、在宅ワークのニーズです。在宅で仕事をすることができれば、子どもたちや両親の世話をしながら収入を得ることができます。しかし、「在宅ワークをしたい」と思っても、どうやって始めたらよいのかわからない人も多いのではないでしょうか。また、中にはサイト登録料や教材費をだましとる「内職詐欺」なるものを警戒して、在宅ワークそのものに不信感を持っている方もいらっしゃいます。安心して在宅ワークをスタートさせたい方には、クラウドソーシングがおすすめです。このページでは、クラウドソーシングのメリットについてご紹介しましょう。



クラウドソーシングサイトは登録料無料!?

クラウドソーシングとは、「クラウドソーシングサイトを通じて仕事を受発注できるアウトソーシングサービス」のことです。クラウドソーシングサイトにメンバーとして登録し、自分のプロフィールページ(名刺)を持つことで、世界中のクライアントから仕事を受注したり、自分からサイトに寄せられた仕事に応募することができます。クラウドソーシングサイトの登録料は無料であることがほとんどで、ユーザーは気軽にサイトに寄せられた仕事を閲覧することが可能です。たとえばクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」を利用した場合、サイトの利用料金は「報酬が確定した後」にしか発生しません。受注者が報酬を得るまでの流れを順を追って説明すると、「サイトのメンバー登録→案件の閲覧・応募→クライアントとの契約→クライアントの望む成果物の制作→成果物の納品→クライアントの検収→報酬の確定」です。このフローの最終段間である「報酬の確定」までは一切の利用料金がかかりません。また、報酬の確定後にも自分からお金をクラウドワークスあてに振り込むのではなく、報酬から何パーセントかを差し引かれる形になります。報酬が確定するまでは利用料はかからないので、どんな仕事が寄せられているのかだけでも閲覧してみるとよいでしょう。

クラウドソーシングはプライバシーを守れる!?

141-2

インターネットで行う仕事で気になるポイントといえば、個人情報の扱いです。インターネットは誰でも閲覧できるオープンな場。顔も見たことがないクライアントに本名を教えることや、プロフィールページから友人知人に知られてしまうことを不安視する方も多いのではないでしょうか。しかしクラウドソーシングでは、ニックネームやペンネームで活動することができます。自分のプロフィール画像を設定する項目もありますが、必ずしも顔写真を載せる必要はありません。制作したロゴマークやアバター、ペットの写真、風景写真、アイコンなど、著作権に抵触しない画像であれば自由に選ぶことができます。

引用元: 無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングは安全に報酬を受け取れる!?

141-3

また、クラウドワークスでは、クライアントから事前に報酬を預かる「仮払い」制度を導入しています。クラウドソーシングサイト側が事前に報酬を預かっておくことで、受注者にとっては報酬の未払いを、発注者にとっては報酬だけ持ち去られてしまうトラブルを防止しています。なお、受注者は、クラウドソーシングサイト側には報酬の振込先となる口座を登録する必要がありますが、クライアントにつど口座番号を教える必要はありません。クラウドソーシングではプライバシーを守りながら仕事をすることが可能です。

引用元: 無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングを活用してみよう!

働く人のプライバシーを守る、クラウドソーシングのメリットについてご紹介しました。在宅ワークに興味がある人は、クラウドソーシングサイトを活用してみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」




※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク