クライアント向け!クラウドソーシングでの価格交渉のコツ

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングでコストをおさえるには?

156-1

クラウドソーシングサイトによく寄せられやすい質問といえば、「価格設定はどうすればいいの?」という疑問ではないでしょうか。クラウドソーシングには明確な相場がないため、はじめてクラウドソーシングを利用する人にとって「案件の報酬額」は悩みの種になりがちです。では、クラウドソーシングで希望のコストにおさえつつ、ワーカーとも良好な関係を築くにはどうすればよいのでしょうか。このページでは、クラウドソーシングでコストを抑えるコツについてご紹介しましょう。

引用元:無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングのコツ:見積もりをもらうようにする

クラウドソーシングでコストを抑えるコツの1つめは、「予算を提示したうえで、ワーカーから見積もりをもらうこと」です。クラウドソーシングには多くのワーカーが参加しており、1つの案件に複数名の応募が集まることも珍しくありません。そしてクラウドソーシングの特色として、案件の報酬額はクライアントとワーカー双方の同意によって決められるというものがあります。つまり、複数のワーカーに報酬額の判断をあおぐことにより、ワーカーとクライアントが納得する適正価格を見極めやすくなるのです。
ワーカーはクライアントと契約を結ぶため、自分が納得できる価格範囲と、他ワーカーの提示価格をふまえつつ、ライバルより少し低めの額を提示する傾向にあります。この価格競争が起これば、クライアントは予算内にコストを抑えられる他、予想よりリーズナブルに済ませることもできるでしょう。しかし、クライアント側が過度に低い予算を提示した場合、ワーカーの応募は少なくなる他、クライアントへの心象も悪くなり、価格競争も起こりにくくなります。相手によきパートナーと思ってもらえる額と、予算の限度額。双方のバランスをうまくとりながら、価格交渉を行うのがコツです。

クラウドソーシングのコツ:納期に余裕をもたせる

156-2

クラウドソーシングでコストを抑える2つめのコツは、「無理を強いる納期にしないこと」です。クラウドソーシングでは、いつでもワーカーに仕事を依頼できますし、納期についてもクライアントのニーズが通りやすい点がメリットといえます。しかし、ワーカーにもそれぞれ予定と、稼働可能時間があります。依頼した日から納期までのスパンが短いと、ワーカーにも無理を強いてしまうことも多いでしょう。
価格を設定する時は、納期までの作業可能時間も考慮に入れることをおすすめします。たとえばコストをおさえたい時は、納期に余裕をもたせ、ワーカーに作業時間面での無理を強いないほうが賢明です。「コストもおさえたい」「納期も早くしたい」「作業もたくさんしてほしい」……このように、複数の無理をワーカーに要求してしまうと、良好な関係を築きにくくなってしまいます。良心的なクライアントとして信頼されるためにも、ワーカーが働きやすい条件を提示してみましょう。

引用元: 無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングの価格の相談をしたい時は

156-3

クラウドソーシングの価格設定について相談をしたい時は、クラウドワークスお仕事相談所の利用をおすすめします。質問を投稿することによって、ワーカーや他クライアントからアドバイスを得ることが可能です。なお、他のクライアントの質問履歴から、悩みを解決するヒントや、魅力的なワーカーの存在を知ることもできるでしょう。
クラウドソーシングは、よきパートナーを一度見つければ継続的に起用することもできるので、作業効率がアップしやすくなります。人材捜しの場としても、お仕事相談所を活用してみるとよいでしょう。

引用元: 無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングを活用しよう!

クラウドソーシングでコストを抑えるコツについてご紹介しました。クラウドソーシングで大切なことは、ワーカーとよい信頼関係を築くことです。ワーカーにとって働きやすい条件を提示することで、よい信頼関係が生まれ、コストの調整もしやすくなるでしょう。上記の内容を参考に、クラウドソーシングでよきパートナーを見つけてみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク