クラウドソーシングでwebライティングをスムーズにこなすコツ

クラウドソーシングトップに戻る

クラウドソーシングでライティングに挑戦!しかし……

クラウドソーシングで受注できる案件のひとつに、ウェブコンテンツを制作する「ライティング案件」があります。未経験からでも始められる仕事なので、初めてのクラウドソーシング案件としてライティングを選ぶ方も多いのではないでしょうか。しかし、「自分にできるのかな?」「文章を書くことは得意だけど、ちゃんとしたコンテンツになるかどうかは分からない……」と、不安に思ってしまうこともありますよね。ここでは、クラウドソーシングのライティング案件をこなすコツをご紹介します。



クラウドソーシングのコツ:得意ジャンルをつくる

クラウドソーシングサイトのライティング案件をスムーズにこなす1つめのコツは、「得意ジャンルをつくること」です。クラウドソーシングには、恋愛、ビジネス、金融など、さまざまなジャンルのライティング案件が寄せられていますよね。もちろんどのジャンルから着手してもかまいませんが、まずは自分がいま興味を持っているジャンルから重点的に受注してみてはいかがでしょうか。
興味を持っているジャンルなら、すでにある程度の知識があるため、ライターの腕が問われる「書き出し」や「まとめ文」の作成もスムーズにこなしやすいでしょう。同じジャンルの案件を複数回請け負うと、情報収集の時間を短縮することができるほか、書き方のコツもつかみやすくなります。自分の得意とするジャンルを作ることで、ライティングスピードをあげることもできるので、結果的に時間単価のアップにもつながるでしょう。また、多くのジャンルを得意分野にできるように、普段からインプットの機会を増やすことも大切です。

クラウドソーシングのコツ:下調べを怠らない

165-2

ライティング案件では、誤字脱字に気をつけることはもとより、記事の信憑性を維持することも大切です。誤った情報を記載してしまえば、コンテンツを読んだ読者から苦情がきてしまい、クライアント様に不利益を与えてしまうことになりかねません。加えて、クライアント様からの評価も下がってしまいます。ライティング案件を受注したら、まずは入念な情報収集を行いましょう。
ウェブ、書籍、インタビューなど、記事のヒントになるものを集めます。なお、ウェブの情報をソースにする場合は、信頼できる配信元かどうかについても確認しましょう。ウェブは誰でも情報を発信できる場です。ひとつの情報源に頼り切らないように心がけることで、誤った情報をひろってしまうリスクが減ります。仕事を受注すると「早く書かなければ」と焦ってしまいがちですが、信憑性の高い記事を書くためにも、下調べは怠らないようにすることをおすすめします。

引用元: 無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングのコツ:誰に向けて書くかを明確にする

165-3

下調べが終わったら、次は構成をたてましょう。記事の文字数にあわせて、どんな人向けに、どのような口調で、そしてどんな順番で情報を述べていくのかを決めます。特に「誰に向けて書くか」については、事前にクライアント様にしっかり確認しておくことが大切です。読者層が明確でなければ、訴求するポイントや、話題の着地点もわからなくなってしまいます。なお、クラウドソーシングのライティング案件では、記事の構成や禁止用語等があらかじめ指定されることも多いので、執筆ルールを事前に確認しておきましょう。

引用元: 無料写真素材 写真AC

クラウドソーシングのライティング案件にチャレンジしてみよう

クラウドソーシングのライティング案件をスムーズにこなすコツについてご紹介しました。クラウドソーシングではじめてライティング案件にチャレンジする時は、まず少量の記事作成から請け負い、自分の作業ペースをはかることからはじめましょう。なお、ライティング案件の中には高単価のものも存在しますが、報酬が良い案件は特に、丁寧な記事作成スキルと情報収集力が求められます。上記の内容を参考に経験を積み、魅力的なライターになってみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」




※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク