クラウドソーシングを活用して翻訳家に!お勧めの登録サイトは?

クラウドソーシングトップに戻る

在宅で仕事をするなら、各種のクラウドソーシングサイトへの登録がお勧めです。
翻訳の業務なら、インターネットを介して多くの案件を探すことができます。

クラウドソーシングサイトも様々な形態があります。
どんなサイトに登録したらいいのか、メリットやデメリットなどを比較しながら検討してみてください。

大手サイトなら支払いの心配なし!

画像1_comp
pixabay.com
どんな登録サイトを使ったとしても、
最終的な支払いに不安が残るようでは仕事として成り立ちませんね。
まずは支払いについて保証されているサイトや、そうではないサイトの違いについて説明します。

システム利用料が設定されているサイト

サイトを介して翻訳の仕事をする際、
クラウドソーシングサイトによって利用料がある場合と、ない場合に大きく分かれます。

最大手のクラウドワークスはシステム利用料が必要です。
10万円以下の報酬の場合なら、報酬の20%をサイトに支払うことになります。

メリットは、このような利用料を支払うことで、
納品後の支払いが確実に行われるシステムを利用できる
点です。
納品したにも関わらず報酬の支払いがされなかった場合に、サイト運営側がその報酬を保証しています。

デメリットは、実入りが減少する点です。
提案された報酬から一定の割合が差し引かれることになります。

システム利用料が設定されていないサイト

一方で、案件の紹介だけを行っているサイトは、このような保証システムを取っていません。
メリットは、提案の報酬額を丸ごと支払ってもらえる点です。
仕事の単価は高くなります。

デメリットは、一切の報酬が支払われないなどのリスクです。
納品後にクライアントと連絡がつかなくなった場合でも、サイト側は一切の保証をしてくれません。
案件の提案だけが行われているサイトでは、詐欺にあう可能性が高くなる傾向にあります。

クライアントはどんな人? クライアント情報を収集できるかチェック

画像2_comp
pixabay.com
翻訳案件を探す場合でも、案件そのものよりも重要なのは、
どんな会社・人物がクライアントなのかという見えない点です。

この見えない部分を補えるシステムが用意されている登録サイトを利用することで、
確実に仕事をこなせる、また確実な収入が期待できます。

第三者からの評価や本人確認を利用します

大手のクラウドソーシングサイトであるクラウドワークスなら、
クライアントの過去の実績を参照できる評価の項目が用意されています。

過去の案件の実績を閲覧できます。
仕事を受けるまえに、他の利用者がどのような評価をクライアントに対して行ったのか、
星の数によってチェックすることが可能です。

クライアントの本人確認がされているかどうかも、大切な指標です。
クラウドワークスではクライアントが提出する書類で本人確認が行われているかどうかもチェックできます。
クライアントについてより多くの情報が収集している安心のサイトを選んでみてください。

クライアントの身元が確認できないサイトは要注意

一方で、案件の提示だけを行っている登録サイトでは、
クライアントの実績が分からない
ケースが多くあります。
連絡先があいまい、提案内容があいまい、報酬提示があいまいなど、特徴があります。

サイト内の掲示板機能を利用して、
過去にそのクライアントと取引したことのある利用者に呼びかけることができますが、
回答がつかない場合も多くあります。

クライアントについてどれだけ詳細な情報を得られるか?といった点については、
しっかりと確認できるシステムが整っているサイトを利用するようにしてください。

クラウドソーシングサイトのメリットとデメリット

画像3_comp
pixabay.com
多くの翻訳案件を探すことのできるクラウドソーシングサイトの、
メリットとデメリットを覚えておきましょう。
メリットを多く得られるクラウドソーシングサイトを選んでください。

クラウドソーシングサイト登録のメリット

  • 多彩な案件から仕事を選べる
  • インターネットを利用できるので仕事探しが効率的
  • システム利用料を徴収しているサイトなら報酬の支払いが確実
  • 評価項目があれば、クライアントについての事前情報を多く得られる
  • サイト内での実績が蓄積されると、クライアントからの評価も高まり報酬もアップする

クラウドソーシングサイト登録のデメリット

  • システム利用料が徴収される場合には収入が目減りする
  • 顔の見えない相手との取引になるので、詐欺にあう可能性もある


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク