翻訳を依頼するならこれからはコレ!クラウドソーシングで便利に翻訳サービスを受ける方法

クラウドソーシングトップに戻る

今、翻訳サービスはクラウドソーシングが熱い

1_comp
写真AC
今まで翻訳のサービスは、専門の業者に依頼していた方や、
翻訳をどこに依頼したらいいのかわからずに迷っていた方、
最近、クラウドソーシングでの翻訳サービスが注目を集めていることをご存知でしょうか。

翻訳専門のクラウドソーシングサイトもあれば、
各クラウドソーシングサイトには翻訳のスペシャリストも在籍しています。
1つの翻訳業者に依頼するより、スピーディで正確、場合によってはコストも抑えられます。

そんな新たな分野である、クラウドソーシングの翻訳サービスについて
ご紹介したいと思います。

翻訳専門のクラウドソーシングサイト「Gengo」

2_comp
写真AC
「Gengo」は翻訳サービスを専門にしたクラウドソーシングサイトです。

合格率がなんと7%という非常に厳しい翻訳テストに合格した
翻訳のスペシャリストを、世界35か国、約1万5000人用意しており、
対応言語は65言語ペア
という充実のサービスを提供しています。

一般的な翻訳だけでなく、プログラム言語に対応した翻訳依頼も可能であり、
翻訳専門のサイトならではの充実したサービスが魅力です。

各翻訳者ごとに、顧客満足度、翻訳スピード、クオリティ、キャパシティなど
細かな情報をグラフ化したデータを誰でも見ることができるので、
依頼する場合の参考にしやすいのも特徴的です。

また、ユーザーからのフィードバックなども、そのまま掲載しているため
各翻訳者の評価を信用できるのも利用者にはうれしい限りです。

利用するシーンとしては、ブログやSNSなどの翻訳から、
企業サイトの翻訳、営業資料、マニュアルの翻訳など、幅広く対応しています。

翻訳の注文後、95%の案件の翻訳が2時間以内に開始され、翻訳完了までは平均1時間という、
驚くほどの速さとクオリティで、翻訳委託の概念を変えるサービスです。

クラウドソーシングによる翻訳サービスの快適さを実感できること間違いなしです。

価格もAPIの場合で、1文字4円から、Websiteから依頼する場合は1文字5円からと
リーズナブルで安心です。

クラウドソーシングで翻訳依頼を考えたときは、
まず初めにチェックしておくとよいサイトと言えるでしょう。

「クラウドワークス」で翻訳のスペシャリストを探そう

【リンク:日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」
もっと幅広い技術者のサービスを提供している
クラウドソーシングサイトにも、翻訳者は登録しています。

クラウドソーシングサイトの大手「クラウドワークス」を使って
翻訳を依頼できるメンバーを探してみましょう。
クラウドワークスにアクセスしたら、まずは「クラウドワーカー」を探すをクリックします。

すると、職種を選ぶページに移動しますので、
その中の「ライター」のカテゴリの「翻訳者」にチェックを入れて
ページ下の「選択した職種のクラウドワーカーを探す」をクリックします。

すると、翻訳を得意とするメンバーがずらりと表示されます。
メンバー紹介欄に、実績数や、どういった翻訳が得意かなど、
細かく記載されている
ので、自分が依頼したい翻訳を請け負えるメンバーを探しやすく便利です。

メンバーの希望時間単価なども併せて確認できるので、報酬額の相談などもしやすく安心して依頼できます。
様々な実績の翻訳者から依頼先を選ぶことができる上に、
業者を通すよりスピーディかつリーズナブルに翻訳ができるため、人気が集まっているというわけです。

クラウドソーシングを活用して翻訳をもっとスマートに

3_comp
写真AC
このように、サイトや資料、マニュアルの翻訳は、
クラウドソーシングサイトを活用した事例が増えてきています。

今は翻訳のスペシャリストがフリーランスとして活動しているだけではなく、
翻訳にターゲットを絞ったクラウドソーシングサイトまで存在しています。

様々な翻訳者を比較・検討することで、より正確な翻訳をスピーディに、リーズナブルに委託できることが
クラウドソーシングの強みです。
翻訳依頼を検討するときは、クラウドソーシングサイトの活用も選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク