中小企業が即戦力を求めるならクラウドソーシングの活用がおすすめ!

クラウドソーシングトップに戻る

中小企業が日々の業務をこなす上で、人材不足に悩まされることは少なくありません。

しかしそんな悩みも、大勢の利用者が集まるクラウドソーシングサイトを活用することで解消することが出来るのです。

様々なスキルを持った登録者の中から、最適な人材募集をかけられるのがクラウドソーシングの魅力です。スピーディな案件掲載と、インターネットを介しての即時募集が、緊急の業務にも適しています。

即戦力確保の手段となる、クラウドソーシングの優れたポイントを紹介します。

今すぐ人材が欲しい コスト削減にも最適

画像1 (21)
引用元:pixabay.com

中小企業が抱える問題には様々な要因がありますが、人材不足は常に上位にランクインしています。例えば、仕事量が急激に増える年度末や季節の切り替わり、イベント時など、ある一定の時期のみ人手不足に陥るような場合、そのための大量採用などは経営コストを圧迫してしまいます。

そんな時に、業務単位での人材募集や、特定のスキルが必要な作業だけを頼みたいにクラウドソーシングサイトが威力を発揮します。

業務単位での募集が可能

定期的に記事を書いてくれるスタッフが欲しい、更新されるデータをまとめてくれるスタッフが欲しいなど、業務単位(スポット)での戦力が欲しい場合があります。社員やアルバイトとして人を採用すると、却ってコストがかかるようなケースでは、やって欲しい業務だけを外注に出すアウトソーシングが目立つようになってきました。

クラウドソーシングに集まるメンバーもまた、会社に所属して仕事をするよりは、得意分野のスキルを活かしたスポット業務に専念したいと考えている人が大勢います。

こうした双方の利益がマッチするのが、クラウドソーシングの最大のメリットです。自社で必要とされる特定の業務やスキルだけを募集して、業務単位での支払いをすることにより、業務効率があがりコストの削減に貢献します。

相場よりも低コストでの募集も可能

一般的なアウトソーシングの会社に依頼をかけるよりも、企業・個人間での取り引きが主流のクラウドソーシングでは、案件単価は比較的安くなる傾向にあります。

案件の掲載も頻繁で仕事をしたい登録者が多いサイトなら、応募までに時間がかからないという点も魅力です。素早く、そして適切な人材に仕事をしてもらうためには、あまりにも安価な提案では適切な人が見つからないケースも多いため、双方の合意点を慎重に探る姿勢が重要となります。

例えば2,000字の記事をライターに発注するケースでは、文字単価の平均は0.5円~1円です。質の高い記事や専門的な記事を依頼したい場合には、それなりの単価で募集をかけることで、プロのライターからの応募が多く寄せられます。

システムプログラマーでも、月額平均20~30万円の発注が可能です。ITスキルの不安な部分をプロに任せることで、本来の業務に集中できるメリットがあります。

ロゴやデザインを発注したい場合には、競合によるコンペという手段も利用できるので、気に入ったデザインを自分で選ぶことも可能です。デザインの相場も、1件3万~5万円と、比較的安価な発注もよく見られますが、活発な応募が行われています。こちらも適切な価格を提示することで有望な人材を得られる可能性が高くなるでしょう。

継続的な関係を目指せば力強いサポーターに

画像2 (21)
引用元:pixabay.com

クラウドソーシングで発見した人材と良好な関係を築くことで、実質的に受注者は、企業にとってのサポーターという位置づけとなり、継続的な付き合いが可能になっていきます。

業務が増える度に新しい人材を探すには、時間がかかり効率的ではありません。どのような人が応募してくれるのか分からない部分もあり、スキルを見極めなければいけないリスクも存在します。不安定な関係からスタートするというデメリットがあります。

そのような心配も、依頼者・受注者の継続的な関係を続けられれば解消されます。納期を厳守してくれる、依頼した業務内容を確実に遂行してくれる受注者に出会ったら、報酬を少しずつ上げていくなどして、良好な関係を構築するようにしましょう。


クラウドワークス会員登録 日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク