これは使える!HTMLコーディングチェックサイト

クラウドソーシングトップに戻る

はじめに

Webページを記述するHTMLのコードは、多少構文に間違いがあっても実装してくれるときもあれば、たった一文字のスペルミスのために動かない時もあります。せっかくWebページを作成するのであれば、正しい表記を心がけ、機種やプラウザに依存しない美しいWebページを作成したいものです。ここではHTMLの文法や妥当性をチェックしてくれるHTMLコーディングチェックサイトをご紹介します。



おすすめHTMLコーディングチェックサイト:その1

引用元: Another HTML-lint gateway

Another HTML-lint gatewayは、オンラインで(X)HTMLの文法をチェックし、結果を点数表示してくれるサイトです。ダウンロードすればローカル環境でも使用可能です。チェック項目が多数あり、自分で項目をカスタマイズすることもできます。エラーの警告には重要度に応じて数値が表示されており、修正が必要か見極めの参考になります。また、エラー警告に疑問を感じた時は、解説を読み正しい記述法を学ぶこともできます。定評のあるツールですが、チェックの対象は文法のみで、HTMLの記述内容の評価はしていません。

おすすめHTMLコーディングチェックサイト:その2


引用元: Markup Validation Service

Markup Validation Serviceは、Webで利用される技術の標準化を推進するW3Cがフリーで公開している有名なサイトです。オンラインでHTML文書が(X)HTML標準に準拠しているかどうかを検証してくれます。随時更新されており、HTML5にも対応しています。検証法は、Address欄にサイトのURLを入力、ファイルをアップロード、直接記述の3つです。チェックの結果エラーがあれば、コードの該当箇所と解説が表示されますので、正しいマークアップを学びつつ修正を行えます。表記が正しい場合は、successfullyと表示されます。

おすすめHTMLコーディングチェックサイト:その3


引用元:Dirty Markup

Dirty Markupは、HTML、CSS、JavaScriptのソースをチェックし、整理するオンラインツールです。基本操作は、右側のエディットスペースにコードを入力し、Cleanボタンをクリックするだけ。必要に応じてチェックの厳格性や表示結果などのオプションが選択できます。実行後、読みやすいように要素ごとに改行やインデントが自動的に付され、足りない要素があれば補完してコードが最適化されます。エラーや警告は行番号欄に表示され、また、タグ行の番号欄に表示された▽をクリックすると対応する閉じタグにジャンプする機能もあります。Webに公開後時間が経過したコードのチェックに役立つサイトです。

終わりに

Webページは個人で楽しむホームページから企業より報酬を得て作成するサイトまで様々です。従って、HTMLのマークアップも制作するWebページの種類によって求められるクオリティが異なります。適切な方法でチェックを行い、より正しい表記を目指しましょう。




※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク