自作でロゴデザインするためのアプリを紹介

クラウドソーシングトップに戻る


引用元:写真AC

企業のイメージを決定付けるトレードマークとなったりロゴデザインそのものが洗練されているためにその商品や企業に箔がついたりと、ロゴデザインはビジネス戦略において極めて重要な要素といえます。

このようにロゴはビジネスにおいて欠かせないPR要素ですが、
個人でもブログやHPを立ち上げる時には専用のロゴがあると無いとではそれなりに見栄えが違ってきます。
そのため個人でのWEB制作の世界でもロゴ作成の需要は高く、自作する環境もそれなりに整っています。
本稿では個人でロゴを自作したいと考えている人に向けて、スマホで行えるロゴ作成ソフト、ロゴジェネレーターアプリについて解説します。

スマホアプリでロゴ作成が出来る?

ロゴは画像データでありロゴ作成は画像編集の範疇となり、デジタル上で表示することが前提となるためWebデザインとなります。一般的にWebデザインを行うにはPCを使いそれなりのソフトが必要です。例えば画像編集ソフトで有名なのはAdobe社のPhotoshopillustratorがあります。ロゴ作成にはどちらかといえばillustratorが向いています。

一方、スマホのアプリでも、画像編集が可能な、いわゆるお絵かきアプリはいくつか存在します。
スマホはタッチスクリーン仕様のために実はお絵描きには適したデバイスといえます。
ここからはスマホで使えるロゴ作成アプリを紹介します。

iOS、android、両対応のロゴジェネレーターアプリ【Instalogo】


画像引用:https://itunes.apple.com/jp/app/instalogo-rogokurieta-rogo/id576443892

iPhoneやandroidのスマホでロゴを作成出来るアプリ【Instalogo】の紹介です。このInstalogoは名前のとおりで、スマホのお絵かきアプリの中でもロゴ作成に特化した、まさにロゴジェネレーターアプリに相応しい仕様です。ロゴの他にもチラシやポスターなどを作るためのアプリとして有名で、いわゆるロゴ的なデザインを作成するためのアプリです。
実際にこのアプリで作ったロゴをブログやTwitter のアイコンとして使っている人も多く、最もポピュラーなロゴ作成アプリといえるでしょう。
操作は非常にシンプルで直感的な作りとなっており、最大の特徴は非常に豊富なテンプレートアイコンが用意されているという点です。そのためサンプルの中から自分のイメージに近いものを選んで、それをベースとして作り始めれば作業が非常にスムーズです。
もちろん完全にゼロから制作することも可能です。

この【Instalogo】はiOS、androidの両OS対応となっているためスマホはもちろん、両OS対応のタブレットPCでも使用が可能です。
画面が大きいタブレットPCのほうがなにかと使いやすいかもしれません。
【Instalogo】は有料アプリとなるため価格は600円です(2016年2月現在)無料で無いのが少し残念ですが、その分多機能であり、豊富なサンプルアイコンが用意されているのも有料アプリならではの嬉しい点です。

まとめ・ロゴ作成はスマホのアプリでも充分可能な環境は整っています

ロゴ作成は企業がビジネスで活用するPR活動の一部と考えがちですが昨今は個人のHPやTwitterのアイコンなどに使うための需要が増えてきているために個人でのロゴ作成をしたいと考える人は増えていると思われます。
ロゴ作成とは画像をデジタルで作成する、Webデザインであるためにロゴを作成するには画像編集ソフトとそれが起動するスペックのPCが必要なのでは?と思われがちです。実際に10年くらい前まではそれが当たり前でした。

現在はスマホやタブレットPCの高スペック化が進み、専用の画像編集アプリ、いわゆるお絵かきアプリは豊富に存在しています。その中にはロゴ作成に特化したアプリもあり、今回紹介した【Instalogo】はその代表的な存在です。

もともとスマホやタブレットPCはタッチパネルで操作する仕様であるためお絵かきソフト(ペイントソフト)との親和性は高いデバイスといえます。
そのため【Instalogo】のようなアプリも開発され、スマホやタブレットPCでのロゴ制作や画像編集のための環境はかなり整っているといえます。

ロゴ作成を依頼
フリーデザイナーに依頼!ロゴマークデザイン特集


※このページに掲載している画像は他サイトより引用しています。
クラウドソーシングお役立ち情報トップに戻る

スポンサーリンク