【速報!!】クラウドワークスがYahoo! JAPAN IDとログイン連携しました!

ユーザーの皆様お待たせしました!

本日クラウドワークスは

 Yahoo! JAPAN IDと 

  ログイン連携しました!!

 

1月21日に「Yahoo!クラウドソーシング」との連携(http://crowdworks.jp/press/?p=771)を発表しましたが、

本日よりクラウドワークスは皆様お馴染みのYahoo! JAPAN IDでログインできるようになりました!

Yahoo! JAPANにログインしていれば、いつでもクラウドワークスにログインできるため、より便利にご利用いただけます。

今回は簡単にログインする手順をご紹介していきます!

1.ログイン画面を開く

通常通りクラウドワークスのログイン画面から、「Yahoo! JAPAN IDでログイン」をクリックする。

2.Yahoo! JAPAN IDを入力する

続いてYahoo! JAPAN IDを入力します。

※既にYahoo! JAPANにログインしている場合はここの手順は必要ありません。

3.認証に同意する

「ユーザー識別子」、「姓名・生年・性別」、「メールアドレス」、「住所情報」の4つの情報を取得することに対しての認証が入るので、確認した上で「同意する」をクリック。

これでYahoo! JAPAN IDでのログイン完了です!


より手軽にログインできるようになったクラウドワークスをぜひ積極的にご活用ください!!

【法人の皆様に朗報!!】NDA・請求書などの文書発行機能をリリース!


クライアントの方要チェック!

先日クラウドワークスでは

文書発行機能をリリースしました!!

 

クラウドワークス上で、秘密保持契約書(NDA)や、請求書・領収書といった各文書を、発行できるようになりました!

「請求書や領収書を発行できるようにしてほしい!」
「クラウドワークス上でNDAって結べないの?」

法人の皆様からこういった声を多数頂き、以下の6種の文書をサイト上で発行できるように致しました!
・秘密保持契約書
・発注書
・納品書
・検収書
・請求書
・領収書

今回はそれぞれの文書を発行する際のフローに関してご説明していきます。

1.請求書など各種文書を発行する

秘密保持契約書を除く、5種類の文書を発行する方法をご紹介します。

これらはクラウドワークス上での契約手続きが終了した時点で発行可能となります。

発行側のフロー

まずは仕事管理画面の契約中・過去契約のタブから、文書を発行したい案件の「契約詳細」をクリックします。
https://crowdworks.jp/contracts/employer

続いて発行したい文書を選択します。

各項目を記入し、「プレビューで内容を確認する」をクリックします。

印刷用文書がサイト上に表示されますので、確認後「この内容で発行する」をクリック。

各種文書は1度発行すると編集・取消を行うことができなくなりますので、
事前にしっかりチェックするようにしましょう!

 

受領側のフロー

受領側は、発行された文書を画面右上のお知らせから確認することができます。

メッセージで発行された旨を伝えられたら、必ず確認するようにしましょう!

 

2.秘密保持契約を結ぶ

発行側フロー

秘密保持契約書も他の5種類の文書同様、契約詳細画面から発行することができます。

まずは仕事管理画面の契約中・過去契約のタブから各案件の「契約詳細」をクリックします。
https://crowdworks.jp/contracts/employer

少しスクロールした「契約内容」の欄から、「秘密保持契約を締結する」をクリック。

特記事項記入欄もあり、秘密保持契約の内容に含まれない個別の取り決めを記載することができます。

また、受領側の承諾が済んでいない間は修正を行うことが可能です。
修正は発行側が先ほど同様、契約詳細画面より行えるようになっています。

受領側のフロー

受領側は他の文書同様、お知らせより確認することができます。


 

3.FAQ

Q1.一度発行した文書の修正はできますか?

秘密保持契約書を除く各文書は、一度発行すると後から修正できないようになっています。

発行する際は以下のように、確認ポップアップが表示されますので、必ずチェックした上で確認ボタンを押すようにしましょう。

Q2.複数案件の文書をまとめて発行できる機能はあるか?

現在では文書をまとめて発行できる機能はなく、各案件ごとにそれぞれ文書を発行して頂く形です。

【全ユーザーの皆様!】クラウドワークスは1周年を迎えました!!!

いつもご利用頂きありがとうございます!

  本日クラウドワークスは

   1周年を迎えました!!!

クラウドワークスは本日3月21日を持って、1周年を迎えました!
これもいつもご利用頂いているユーザーの皆様1人1人のおかげでございます。

クラウドワークスでは1周年を祝しまして、

  • 住所登録頂いた全ユーザーに手書きメッセージ入りのポストカード送付
  • ユーザーの仕事、恋愛事情に関するアンケート調査とまとめ

を実施いたしました。

アンケートにご協力頂いた皆様はありがとうございました!
結果は以下のURLからご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてください。

▽一周年特設ページはこちら
http://crowdworks.jp/questionnaire/anniversaries/result


まだまだ未熟なサービスであり、ユーザーの皆様にはご不便をおかけすることもございますが、
”「働く」を通して人々に笑顔を” をコンセプトに、より使いやすいサービスを目指して参りますので、
これからも引き続きクラウドワークスを宜しくお願い致します!!

【クライアントの皆様に朗報!!】リピート発注機能をリリースしました!


機能改善の速報です!

この度クラウドワークスでは

リピート発注機能をリリースしました!!

 

リピート発注機能とは、過去契約をしたことのある人ボタン1つで別の仕事を依頼することができる機能です!

「あのメンバーにまた仕事を依頼したい!」
「同じ人に依頼したかったのに、契約までが面倒くさかった!」

という方にとってはとても便利な機能になっています。

リピート発注機能は、「仕事管理」画面「マイチーム」画面より行えます。
それぞれ案件依頼までのフローをご説明しますので、今すぐ試してみましょう!

1.「仕事管理」画面から依頼する

まず「仕事管理」画面より依頼する方法をご紹介します。
https://crowdworks.jp/contracts/employer

「仕事管理」画面の「終了した契約」の欄から、「別の仕事を依頼する」をクリック。

「〇〇さんに別の仕事を依頼する」という画面に遷移するので、こちらから条件などを設定して直接依頼することができます。

2.「マイチーム」画面から依頼する

続いて「マイチーム」画面より依頼する方法をご紹介します。
https://crowdworks.jp/team

「マイチーム」画面の「待機メンバー」の欄から、仕事を依頼したい人の「契約一覧を見る」をクリック。

先ほどと同様に、「終了した契約」の欄から「別の仕事を依頼する」をクリックすると、その人だけに向けた依頼が行えます。

以上、リピート発注機能のご紹介でした!

これでいちいち、新しい仕事を登録して、非公開にして、スカウトして、という諸々の手間が省けますね!
より便利になったクラウドワークスをぜひ継続的にご活用ください!!

 

【新機能】報酬をマイルストーン(工程)毎に分割してお支払いできるようになりました!!


本日より

『マイルストーン払い』
で決済できるようになりました!

『マイルストーン払い』とは、固定報酬制案件において作業工程ごとに予算を決め、分割払いを行うことができる機能です。


クラウドワークスでは日々ユーザー様の声をもとにサービス改善を行っております。

「長期の案件のため支払いが行われるのが遅い!」
「納品が複数回に分かれるので、納品されるごとに報酬を支払いたい!」

といったご要望にお応えするため、各作業工程で別々の予算を組んで、お支払いができる決済機能を今回新たにリリースしました!

1.『マイルストーン払い』って何?

『マイルストーン払い』とは、仕事をいくつかの工程に分割し、それぞれに異なる予算(契約金額)を割り当てて支払う決済システムです。
こちらは固定報酬制の案件にのみ適用されています。

例えば「ホームページ制作」を依頼した場合、
【STEP1】テンプレートデザインを作成する
【STEP2】制作する(コーディングする)
と作業の工程を分けることができます。

今までの決済システムでは、STEP2の検収が終了した段階で、仮払いされていた契約金額を一括で支払うことしかできませんでした。

『マイルストーン払い』ではSTEP1、STEP2にそれぞれ別の予算を割り当て、各工程の検収が済んだ時点で別々に決済することが可能なのです!

上図は全体予算100,000円をそれぞれ、
【STEP1】25,000円(納期:3月19日)
【STEP2】75,000円(納期:3月25日)
と分割したものです。

このように、作業内容によって、それぞれ異なる予算と納期を設定することができるため、
メンバー、クライアントの両者にとってより安心なお取引になるでしょう。

2.マイルストーンで依頼する(発注者)

では実際に『マイルストーン払い』に対応する方法をご説明します!

プロジェクトの固定報酬制を選択

プロジェクトの固定報酬制の仕事にのみ対応しているため、
仕事を依頼する画面ではコンペ形式以外の仕事を選択します。

「マイルストーン払い対応します」にチェックを入れる

続いて支払方法・金額を決める際に、固定報酬制を選択後、
「マイルストーン払い対応します」のチェックボックスにチェックを入れます。
(※デフォルトではチェック済みになっています。)

どの工程でどういった分割をするかは条件交渉で設定しますので、
これにて完了です。

3.マイルストーンで契約する(受注者・発注者)

続いてマイルストーンで契約する際のフローを見ていきます。画像はメンバー(受注者)側のものです。

応募またはスカウトする際に、下図のように「+マイルストーン(段階払い)を追加する」というテキストが表示されていますので、まずはこちらをクリック。

※クライアント(発注者)も「仕事管理」画面の「相談から契約まで」で同様の設定が可能です。
https://crowdworks.jp/job_offers

作業工程ごとに契約金額、内容、完了予定日(納期)を設定する欄が表示されます。

デフォルトでは2回の分割で設定されていますが、先ほどの「+マイルストーン(段階払い)を追加する」を再度クリックすると、押した回数分だけマイルストーンを設定できます。

案件が長期に渡る場合や、タスクが複雑になる場合は必要な数だけ設定すると良いでしょう!

マイルストーンによる条件提示を行うと、以下のようになります。

また契約する際にも全体の契約金額とは別に、マイルストーンごとの契約金額と納期が表示されますので、契約内容に間違いがないかチェックするようにしましょう!

4.FAQ

Q1. 「マイルストーン払いの設定を間違ってしまったが、後から変更できるか?」

A. 可能です。契約を結んだ後、何らかの事情で契約条件を変更したい場合でもご対応頂けます。変更は契約後の「仕事管理」画面(https://crowdworks.jp/contracts/)にて、テキストリンク「契約条件変更リクエスト」より行えます。
※ただし、変更する際は契約同様両者の合意が必要になります。

Q2. 「マイルストーン払いを設定できるのはメンバーとクライアントどちら?」

A. 両者とも設定頂けます。メンバーは応募する際、クライアントはスカウトする際に、それぞれ条件提示のフォームで設定することができます。

Q3. 「マイルストーンでの支払いが行われるのはいつのタイミング?」

A. こちら通常の仮払いと同様、月末締めの翌月15日払いとなっています。マイルストーンを設定すると、それぞれの工程に検収作業が入ります。検収対応した翌月に対応マイルストーン分の報酬が支払われるようになっています。

Q4. 「仮払いは一括なのか?分割なのか?」

A. どちらでもご対応頂けます。一括で全マイルストーン分の仮払いを済ませることもできますし、様子を見つつという場合でしたら、各マイルストーン毎に仮払いを行うこともできるようになっています。
契約を結ばれる際に、分割の場合はどういったスケジュールで仮払いを行っていくかということに関して意をとることをお勧めします。


以上、新機能『マイルストーン払い』に関してのご紹介でした!
より細かく契約内容や進め方に関しての設定ができるようになりましたので、ぜひスムーズなお取引に有効活用ください!!