オウンドメディアとは?低コストで効果的なマーケティング手法

マーケティングに関わっている人ならもちろんのこと、そうでない人もオウンドメディアという言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。メディアという名前がついている以上、何らかの情報媒体ということまでは分かるはずです。

しかし、それだけでは不十分です。これからビジネスに関わっていく上でオウンドメディアによく知らないままだと苦労するかもしれません。オウンドメディアとは何かについて、ここでは何も知らない方にでも分かるように簡単に解説します。

オウンドメディアは企業が独自に運営するメディア

オウンドメディア
オウンドメディアを片仮名のままにしていると却って分かりにくいかもしれません。オウンドメディアは英語で言うと「Owned Media」と書きます。つまり、「自分で所有しているメディア」という意味です。個人で何らかのメディアを運営しているケースでも意味的には同じですが、一般的にオウンドメディアといえば企業がマーケティング目的で運営しているメディアの事を指します。

一番耳にすることの多いマスメディアは大衆向け(Mass)のメディアで、テレビや新聞のような情報媒体のことです。企業が運営するオウンドメディアでは自社製品やサービスを売り込むことが最終的な目的になりますが、マスメディアは情報発信そのものを目的とするメディアという点で大きな違いがあります。

どちらも情報発信の媒体という意味では同じメディアですが、それぞれ別の目的を持って運営されているメディアであるということは理解しておく必要があるでしょう。

クラウドワークスが約300社のメディア企業を支援するコンテンツライティング一括請負サービスはこちら

オウンドメディアは多機能で安価なマーケティング

オウンドメディア_1
オウンドメディアは自社運営のメディアとご説明しましたが、どのようなメディアを運営するかはマーケティングによって様々です。あまりコストを書けずに簡単にやりたい場合は公式サイトに付随する企業ブログで良いですし、ブランドイメージの向上やユーザーの需要喚起をしっかりと行いたい場合には自社メディアを1から立ち上げる必要があるでしょう。

しかし、どのケースでもそれにかかるコストは小さいです。毎月莫大な広告掲載料を払って有名なマスメディアやウェブサイトに広告を掲載してもらうのに比べれば、オウンドメディアに必要なコストはサーバーの維持費や担当者に払う給料ぐらい。しかも、オウンドメディアに掲載されたコンテンツはサーバー料金を払い続ける限りネット上に残ります。

低コストでコンテンツを掲載でき、メディアに掲載するコンテンツ次第では有名メディア並に大きな集客が期待できます。

オウンドメディアにはどんなものがあるのか

オウンドメディア_2
オウンドメディアと簡単に言ってもどんなメディアを作れば良いのか、イメージが掴めないかもしれません。ところが、オウンドメディアは「顧客のためになる情報」や「新しい顧客を誘導するための情報」を自社経由でダイレクトに発信するためのメディアと考えれば話は簡単でしょう。つまり、顧客のためになるかもしれないと思った情報をどんどん発信するだけで最低限オウンドメディアとして成立するのです。

製品の効果的な使い方や危ない使い方を動画や写真を使って丁寧に説明。実際に使ってみた人や成功事例を詳細に解説。会社のイベントやキャンペーン情報を発信。これらは全てオウンドメディアの役割の一つです。今まで運営してきた企業の公式サイトなどでやってきたことに似ていることに気づくはずです。

ただ、今までの公式サイトは情報発信に偏りすぎていました。オウンドメディアでは顧客や潜在顧客がその情報だけで何らかの利益を得る事が求められます。知って得する、見て楽しい、また来たくなるようなオウンドメディアがマーケティングで成功するメディアになるでしょう。

編集部コメント

オウンドメディアというと聞き慣れませんが、実はオウンドメディアというのは昔から存在した自社メディアに明確な目的を持たせただけのメディアに過ぎないことが分かったかと思います。

だからといって、今まで通りで良いということではありません。オウンドメディアはコンテンツとして優れたメディアを持つことが求められており、ただ適当に情報を垂れ流すだけではダメなのです。

自社の直接的な利益のためではなく、顧客や潜在顧客のためだけに新しく作る自社メディアと考えても良いかもしれませんね。

クラウドワークスが約300社のメディア企業を支援するコンテンツライティング一括請負サービスはこちら

コメントは受け付けていません。