成功するコンテンツ制作のために知っておくべきポイントとは?

コンテンツ制作がなかなか集客に結びつかないという問題を抱えている方は多いのではないでしょうか。そのような場合は、コンテンツ制作の目的を再確認してみましょう。集客につながるコンテンツ制作で知っておくべきポイントをご紹介します。

コンテンツ制作の目的をもう一度考えてみよう

成功するコンテンツ制作
今やサイトに情報だけを載せておけばユーザーが見に来てくれるという時代は終わり、いかに役に立つWEBコンテンツ制作ができるかが集客の鍵を握るようになりました。

しかし、いくらコンテンツに力を入れても残念ながら検索上位に表示されず、結果的に集客に結びつかないこともあるようです。WEBマーケティングで成功するには、そもそも、コンテンツ制作の目的とは何なのかをよく考えなくてはなりません。

WEBマーケティングにおけるコンテンツは、SEO対策だけでなくSNSでの拡散や商品やサービスの正確な情報提供のために作られます。ユーザーはコンテンツを通じて能動的にさまざまな情報を入手してから、商品の購入やサービスの利用を考えます。

つまり、コンテンツ制作の目的は、潜在的な客を集め、信頼を得て、結果に結びつけることなのです。
そのため、コンテンツで見込み客を集めるには戦略的なコンテンツ制作を考えなくてはなりません。

コンテンツの3つのタイプとは?

成功するコンテンツ制作_1
コンテンツは目的によって3つのタイプがあります。効果的なコンテンツ制作のために知っておきましょう。

・問題解決のためのコンテンツ
ユーザーが抱える問題を解決するための、問題解決型コンテンツとも言われます。記事を読むことで、ユーザーの悩みや問題の解決につながることが大切です。

そのためには、ユーザーがどのような情報を得たくてそのキーワードで検索するのかを考えてコンテンツを制作しなくてはなりません。

さらに、そのような悩みを抱えるユーザーが興味を持つような他のコンテンツがそのサイトにあればあるほど、繰り返しそのサイトを訪れる可能性が高くなります。

このようなコンテンツは自社製品の宣伝に力をいれるのではなく、あくまでユーザーの悩みを解決する助けになる質の高い記事でなくてはなりません。

・拡散・集客を目的としたコンテンツ
ブランドの知名度を上げ、コンテンツの拡散を狙って作られる記事です。ツイッターやフェイスブックなどSNSでのシェアによりリンクされることで検索上位に表示され、潜在層の開拓と認知度アップにつながります。

良質な問題解決型コンテンツがシェアされて拡散されることもあり、明確な区別はありません。ユーザーの興味を引くインパクトのあるタイトルをつけた新鮮な情報を発信し、短期間での拡散を狙うこともあります。

・商品やサービスの情報提供のためのコンテンツ
ユーザーに利用してもらう、あるいは購入してもらうには、商品やサービスについて丁寧に説明するコンテンツも必要です。自社製品やサービスの宣伝だけに力を入れるのではなく、正確なデータを使用するなど客観的な情報を多く入れることで信頼を得ることができます。ここには商品レビューや商品の選び方などの情報も含まれます。

商品やサービスの利用がどのように役に立つのか、より生活が豊かになるのかなどユーザーが具体的にイメージできるような内容も含まれているとよいでしょう。何がサービスの利用や購入の決め手になるのかリサーチし、ユーザーが特に知りたい情報を提供することでリピーターになってもらえる可能性も高まります。

目的に合ったコンテンツ制作を行うために

成功するコンテンツ制作_2
効果的なコンテンツ制作のために、まず、どのようなキーワードが検索されているのか知っておきましょう。グーグルのキーワードツール、競合サイト、ツイッターなどでリサーチするのがおすすめです。検索頻度の高いキーワードだけでなく、一緒に検索される複合キーワードも丁寧に拾っていくと、コンテンツの幅も広がります。

ユーザーが本当に知りたかった、知ってよかったと思えるコンテンツを制作するには、その検索ワードで本当は何を知りたかったのかリサーチすることも必要です。

実際にコンテンツを制作する際は、コンテンツのタイプを明確にし、3タイプをうまく組み合わせていきましょう。問題を解決して満足したユーザーがサービスの利用や購入を考えたときに、関係するコンテンツにスムーズに移動できるよう導線を考えておくことも大切です。

いずれの場合も共通するのは、ユーザーが求める質の高い情報を提供するということ。どのようなものが求められているのか知ることが集客に結びつきます。

編集部コメント

コンテンツを作る際は、まず目的を明確にする必要があります。どのようなコンテンツが求められているのか十分リサーチし、はずさないコンテンツ制作をしていきましょう。

クラウドワークスが約300社のメディア企業を支援するコンテンツライティング一括請負サービスはこちら

コメントは受け付けていません。