コンテンツマーケティングとブログの関係を正しく理解し活用する

コンテンツマーケティングを始めるならまずはオウンドメディアが手軽で簡単。中でも企業ブログなんて今からでも始められます。これはこれで正しいのですが、それだけで「なんだ。コンテンツマーケティングって企業ブログのことなんだ」なんて思ってはいないでしょうか。間違いではありませんが、正しい理解とはいえません。これからマーケティングに携わるなら、コンテンツマーケティングと企業ブログについてきちんと理解しておきましょう。

全てはコンテンツマーケティングで使われるツール

コンテンツマーケティングとブログ
コンテンツマーケティングというのは、文字・音・映像などあらゆるコンテンツを活用して行うマーケティングのことです。Facebookを作って広報するようなソーシャルマーケティングもやり方によってはコンテンツマーケティングに含まれますし、CM代わりに作った映像が実はコンテンツマーケティングに使われるものだったなんてこともあります。

オウンドメディアというのはコンテンツマーケティングに含まれる一つの分野であり、自社で運営するメディアという意味合い程度のものです。そのメディアの形態も様々で、自社の商品と全く関係のないメディアを運営することもあれば、自社の商品を効果的に活用するための情報発信を行うメディアであることもあります。そのオウンドメディアの一形態として含まれるのが企業ブログです。まとめると、これら3つには「コンテンツマーケティング>オウンドメディア>企業ブログ」という関係性があることが分かります。

企業ブログはコンテンツマーケティングの中でも特に自由

コンテンツマーケティングとブログ_2
コンテンツマーケティングの一環として行う企業ブログの基本は「企業そのものに関係する情報発信」です。簡単に言いますが、その幅は非常に広く自由なものになります。これが公式サイトの商品ページであれば商品以外の情報を取り扱うことはできず、かなり限られた情報発信になるでしょう。少なくとも、商品ページで読者が楽しめるコンテンツを提供するなんてことはできません。

しかし、企業ブログではあれば話は別です。ブログが目指す方向性にもよりますが、飲食店関係のブログであれば「会社周りの居酒屋レビュー」や「会社近くのイベントレビュー」などの地域性に富んだブログを作って会社周辺の顧客を集めることもできます。また、メーカー系企業のブログなら「新商品の導入密着取材」や「商品の意外な使い方を紹介」など、商品の宣伝ではないものの読者が新しい発見を得られるようなブログを作る事もできるはず。

企業ブログに決まった形はありません。どんな企業であっても何かしらのブログと作れるという点で、企業ブログはコンテンツマーケティングの中でも特に自由な形態が取れるといえるでしょう。

コンテンツマーケティングで企業ブログをヒットさせる3つのポイント

コンテンツマーケティングとブログ_3
・目的を明確にする
・ターゲットを想定する
・提供するコンテンツを決める

コンテンツマーケティングはコンテンツを面白くしてアクセスを集める事も大切ですが、アクセスを集めた結果を想定することも大切です。「何を目的でブログを書くのか」をはっきりさせましょう。そして、その目的を達成するためにどんな「ターゲットに向けて記事を書くのか」を考えます。そこまでくれば後はブログの記事を通じて「何を提供するのか」を決めるだけです。

先ほどの例を交えて考えてみましょう。飲食店のブログで「明日の夜にお店の近くで素晴らしい花火大会がある」とイベントについて社員の経験談も交えて紹介します。過去に撮影した花火大会の綺麗な写真や屋台の情報が載っていれば、「どんな花火大会なんだろう?」と気になって検索した人のアクセスが集まるでしょう。

この場合、目的は「集客」です。お店に来てもらえなかったとしても、イベントが開催されるお店の近くに来てもらえるだけで意味はあります。ターゲットは「地域のイベントを探している人」です。コンテンツは「花火大会の体験談」ぐらいが良いでしょうか。花火大会の魅力を伝える良い記事が書ければ検索されやすくなり、読んでくれた人が花火大会に来てくれればコンテンツマーケティングの第一段階は完了です。

ブログの中に「飲食店に来てね!」などと書く必要はありません。花火大会の会場までの地図を掲載しつつ、その地図にそっと飲食店の場所を添えて置くだけで十分です。それを見て会場に来てくれた人のお腹が減れば、ブログに書かれた地図を思い出して来てくれるかもしれません。そうなればブログを使ったコンテンツマーケティングは大成功です。

編集部コメント

コンテンツマーケティングというのは本当に幅広い手法がありますが、企業ブログの形は自由です。目的・ターゲット・コンテンツの3つをきちんと抑えていれば、ブログの基礎的な部分はできています。基礎ができてから更に上を目指すと良いでしょう。

クラウドワークスが約300社のメディア企業を支援するコンテンツライティング一括請負サービスはこちら

コメントは受け付けていません。