インバウンドマーケティングの3つのメリット

インターネットやスマートフォンの普及により台頭してきたインバウンドマーケティングには広告費のメリット、顧客の関係性のメリット、口コミのメリットなどさまざまなメリットがあります。
今回は、従来のアウトバウンドマーケティングとの違いも含め、インバウンドマーケティングのメリットについてどのようなものがあるのかをお伝えします。

インバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティング_メリット

マーケティング施策の1つで、従来であれば商品やサービスを売りたい企業が顧客を開拓する際には見込み客を探し出し、説得し、購入してもらうという流れが一般的でしたが、インバウンドマーケティングは顧客となり得る消費者に商品やサービスを見つけてもらう手法を指します。

従来の手法は攻めの営業、後者の手法は待ちの営業だと言えるでしょう。

アウトバウンドマーケティングについて

インバウンドマーケティング_メリット1

インバウンドマーケティングの逆、アウトバウンドマーケティングについてもご紹介しておきましょう。アウトバウンドマーケティングは上で説明した従来の攻めの営業にあたるものです。

アウトバウンドマーケティングはどこか古い手法だという認識を抱きがちですが、現在でも広く利用されている手法でもあります。具体的にはテレビCMや雑誌、新聞などのメディアに広告を掲載する手法です。また、インターネット登場後のツールで言えば、メールDMやwebサイトのバナー広告などもアウトバウンドマーケティングに該当します。

インバウンドマーケティングのメリット

インバウンドマーケティング_メリット2

インバウンドマーケティングはインターネットやスマートフォンの普及により急速に需要が増えてきています。それに伴い、アウトバウンドマーケティングは勢いを失ってきていると言えるでしょう。

インバウンドマーケティングにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

・顧客に嫌われる可能性を低くできる
一昔前の、いわゆる「夜討ち・朝駆け」といったような営業スタイルは通用しなくなっているということはなんとなく理解できるでしょう。そうした営業スタイルはどちらかというと押し売りに近く、時として顧客は企業や商品に悪いイメージを持ってしまうこともあります。

このような従来のアウトバウンドマーケティングは、ともすれば努力すればするほど嫌われてしまう関係を顧客との間に構築してしまう恐れがあります。それに対し、インバウンドマーケティングはウェブ上に情報を提供する仕組みを構築しておき、顧客自ら探しに来るよう仕向けます。

アウトバウンドマーケティングで起こりがちな、企業や商品に悪い印象を抱かれる可能性を下げることができることがインバウンドマーケティングのメリットの1つとなります。

・広告費を抑制できる
従来のアウトバウンドマーケティングでは広く商品や企業を売り込む際にテレビCMや新聞などのメディアを利用しており、その広告費は高額です。

一方インバウンドマーケティングは自社でシステムを構築することができれば場合によっては広告費を0にすることさえできます。

また、アウトバウンドマーケティングの内インターネットを利用して行うメールDMやバナー広告はインバウンドマーケティングとの相性が良く、インバウンドマーケティングを実行しながら行えます。

メールDMやバナー広告を併用して行ったとしても、テレビCM等のメディアを使った広告と比べるとその広告費は圧倒的に安く行うことが可能です。

・SNSとの連携がしやすい
インバウンドマーケティングの内SNSを活用したマーケティングは従来の方法より広告費を削減しながら、より興味・関心の高い優良な顧客に対して情報を届けられるようになりました。

また、SNSを利用したインバウンドマーケティングの展開は、ファンに対して継続して情報を届けられるだけではなく、顧客がまた似たような属性の友人に情報のシェアをすることにより、情報を求める層に広告費を支払うことなく、情報を拡散することも可能となります。

これは、いわゆる口コミというものでその情報の伝播力は高く、また知人からの紹介ということで情報の信頼性が高いという特徴を持ちます。

編集部コメント

インバウンドマーケティングはインターネットやスマートフォンの普及により急激に普及してきたもので、従来のアウトバウンドマーケティングと比べていくつものメリットがあります。とはいえ、従来のアウトバウンドマーケティングもまだまだ影響力があります。従来のアウトバウンドマーケティングとインバウンドマーケティングを上手く併用してマーケティング展開していくと良いでしょう。

インバウンドマーケティング_4

コメントは受け付けていません。