自社サービスの活用事例のご紹介!定常業務の効率化に成功したお話

スクリーンショット 2018-04-10 18.28.50

毎日の定常的な業務で時間がかかってしまい、他の業務に手が回らない…。そんな状況の方、いらっしゃいませんか?

今回は、キャッチコピーや画像編集のお仕事を、クラウドワークスで外注をすることで、業務の効率化に成功したお話です。

どうしても時間がかかってしまうお仕事があり、負担に感じている方は、ぜひご参考にしてください。

定常的な業務をクラウドワークスを活用し、効率化に成功

s_IMG_9506
ー発注をしたきっかけを教えてください

1ヶ月に12時間くらいかかってしまうお仕事があり、どうにか効率化を図ることができないかを考えてました。
その時にクラウドワークスを利用することで、上手くお仕事を運用することができるのではないかと思って発注をしましたね。


ー具体的にどんなお仕事を発注したのか教えてください。

担当しているサービス(サイタ)の、ユーザー様のプロフィールに掲載するキャッチコピーの作成とプロフィール写真の編集をするお仕事です。


ーそのお仕事はどのくらいの工数がかかるお仕事だったのですか?

1ヶ月で12時間程度かかるお仕事でしたね。
1ヶ月に50名程度のユーザー様のキャッチコピーや画像編集をすることを目標にしていたのですが、キャッチコピーを考えるのが難しくて…。
チーム内にもキャッチコピーを考えるのが得意な方がいなかったので、時間がかかってしまってました。


ーお仕事の発注は、スムーズに行うことができましたか?

はい。お仕事の発注形式などは、継続的にお願いをしたかったので、プロジェクト形式にしました。発注文面は、他のお仕事を参考にしました!


ーお仕事の報酬額はどのように設定しましたか?

お仕事のボリュームから計算をしました。
私もそのお仕事をしていたので、どのくらい時間がかかる仕事なのかはわかっていました。
キャッチコピーと画像のリサイズはどちらも1件10分以内で終わる仕事だったので、1件200円程度で発注をしました。1時間で1000円程度になる計算ですね。


ー実際に発注をしてみて、結果はどうでしたか?

キャッチコピーを考えてもらうお仕事と、画像編集をしてもらうお仕事を別々に発注をしました。
結果的には、両方とも今でも継続的にお仕事をお願いしているワーカー様を見つけることができています!
時々、ワーカー様のタイミングが合わず、今週は対応が難しいです、という連絡をいただくこともありますが。


ーだいぶ業務の負担も軽減されたんですね!

はい。クラウドワークスを活用する以前は、1日中この仕事しかできない日もあり大変でした。
クラウドワークスで発注をしてからは、継続的にキャッチコピーや画像の編集が得意な方にお願いができており、効率的に仕事を進めることができています!


ー最後に、他にもこんなお仕事を発注したいことはありますか?

これからサービスを拡大していきたいので、ユーザー様を増やすために、営業リストの作成をお願いしたいですね。
まだまだチームの人数も少ないので、クラウドワークスをうまく活用しながら、効率よく仕事をしていき、サービスを大きくさせていきたいです。

まとめ

定常業務を効率化するために、クラウドワークスを活用したポイントをご紹介

  • ・継続的にお仕事をしてもらうために、プロジェクト形式でお仕事を発注する
  • ・お仕事の工数を想定し、報酬額を計算する
  • ・ワーカー様と一緒にお仕事を進めるために、連絡をきちんと取り合うことでスムーズにお仕事を進めることができる

お仕事の発注にお困りの方がいましたら、CWコンシェルジュまでご相談ください。CWコンシェルジュは、クラウドワークスの使い方や発注内容をヒアリングし、募集文面の作成などを無料で行います。

会員登録して仕事を発注する(無料)

コメントは受け付けていません。