大量のデータが必要な場合は?マクロ開発を外注し、効率的に情報収集した事例!

s_IMG_0719

日々の業務の中で非常に多くの情報を収集することが必要だが、その情報収集を人力で行うと非常に時間がかかり、その情報収集を簡単にするためのツール開発にも社内のエンジニア工数がない…といったことでお悩みの方もいるかと思います。

今回は、ポータルサイトの立ち上げに必要な情報を収集するために、マクロ開発のお仕事をクラウドワークスを用いて発注したクラウドワークスの渡部さんにお話を伺ってみました。

ポータルサイトの立ち上げをスピーディに、より効率的に行うために、社外のリソースを活用したノウハウを紹介します!

クラウドワークスを活用し、時間・コスト・リソースを削減

s_IMG_0713
ーまずは、発注をしたお仕事内容を教えてください

ポータルサイトの立ち上げで必要な情報を集めるために、マクロ開発のお仕事を発注しました。


ーどのような経緯で発注を決めたのでしょうか?

ポータルサイトの立ち上げに必要な情報の量が非常に多くて・・・。確か800件くらいの情報を収集しなければいけませんでした。

試しに、手作業でやってみたら、1件の情報収集に10分くらいかかってしまいました。

なので単純計算で800件×10分=8000分。時間に直すと133時間もかかってしまうお仕事でした。
アルバイトの方を雇ったとしても、結局時間もかかりそうだし人件費もかかってしまう。ものすごく効率が悪いなって思ったんです。

もちろんマクロ開発をすれば、効率的に情報収集ができるとは考えてはいました。
しかし社内のエンジニアのリソースを割くわけにもいかなくて・・・。

自分も多少の知識はあるのですが、1から作成するとなると、これも時間がかかりそうだなと感じていました。

時間や人件費、社内リソースなどを考えた上で、発注をするのが一番効率がいいのでは思い、発注を決意しました。


ー実際に発注をしてみていかがでしたか?

発注をしてから1週間かからないで、ワーカーさんと契約からマクロ開発までしていただき、無事にポータルサイトを立ち上げることができました。

費用に関しても、マクロの開発を1万円ほどでやっていただき、コストもかなり抑えることができましたね。

アルバイトを雇うとなると、10万円くらいかかるのではないかと思ってましたから、コストは1/10くらいになりましたね。


ーちなみに発注金額はどのように決めましたか?

時給換算をして、発注金額を決めました。
今回のマクロの開発の場合、感覚的には3時間くらいで出来るのではないかというイメージでした。
ただ、自分もそこまでマクロが出来るわけではないので、少し余裕を持って見積もり、時給2,000円想定で、2,000円×5時間=10,000円の予算でワーカーさんに相談しました。


ー発注をした時に、工夫した点はありますか?

主に二点ありまして、一つはあらかじめマクロの開発をお願いしたいワーカーさんを複数人選定し、お仕事をスカウトで発注したことですね。
クラウドワークスには、スキルや職種でワーカーを絞り込める「ワーカー検索」という機能があります。
その機能を利用して、マクロ開発のスキルや実績がある方を絞り込んで、他のクライアントさんからの評価のコメントなどをみて、数人にお仕事を発注しました。

どんな方が応募をしてくれるのかが不安だったので、自分からワーカーさんにアプローチをしましたね。笑

もう一点は、ワーカーさんと契約をする前に、きちんとメッセージで開発に関する要件の認識をすり合わせたことですね。

認識がずれてしまっている状態で契約をしてしまうと、想像していた成果物と異なってししまったり、ワーカーさんにも迷惑をかけてしまいますから。


ー最後に何か一言お願いします!

クラウドワークスには、専門スキルを持つプロフェッショナルなワーカーさんが数多く登録をしていただいております。
「開発をすれば手間が省けて、効率的に仕事を進めることができる。」
「社内リソースを割くことができない。」
そんな時は、思い切って外注をすることで、結果的に時間もコストを削減することが可能です。

まとめ

クラウドワークスを活用して、専門スキルが必要なお仕事を外注するときのポイント

  • ・スキルでワーカーを絞り込んで、スカウトで発注をする
  • ・発注金額の見積もりは、時給換算で計算をする
  • ・契約をする前に、開発要件の認識をすり合わせる

お仕事の発注にお困りの方がいましたら、CWコンシェルジュまでご相談ください。CWコンシェルジュは、クラウドワークスの使い方や発注内容をヒアリングし、募集文面の作成などを無料で行います。

コメントは受け付けていません。