マイクロタスク型クラウドソーシングを無料化、ユーザーと共創する新しい世界へ

お知らせ:「クラウドワークス」におけるタスク形式案件手数料無料化を2017年6月1日(木)より一時停止いたします




前回のブログでも書かせて頂きましたが、2016年9月期のスローガンは「無限大の挑戦」としました。クラウドソーシングの市場創出をさらに行っていく上で、そして上場一年足らずのクラウドワークスとしても、まだ見ぬ価値を創りだすためのさらなる挑戦をやり続けることが重要である、と考えています。

その中で早速今期のスローガンに沿って新しい施策を打ち出すことにしました。マイクロタスク形式クラウドソーシングの手数料無料化です。期限は原則として無期限とします。一時的なキャンペーンではありません。
本件は約半年に渡って社内で議論されてきたものでこの度、満を持してのリリースとなります。

プレスリリース
業界初、10月14日(水)よりタスク形式案件の手数料無料化を開始
「働き方革命」実現に向けて、プラットフォーム”オープン化”構想を発表
~ユーザーと共に、新たなビジネスモデル転換を目指す~

クラウドソーシングが変える世界、「働き方革命」


ご存知のとおり、クラウドワークスは創業以来、クラウドソーシング事業を行ってきました。その先にある未来、クラウドソーシングが変える世界は何か。それは「働き方革命」です。

第3四半期 決算説明資料 「働き方革命」
20da88bb3ddc2613a5ea7d7f1efafee9

クラウドソーシングが社会に浸透するとどうなるか。インターネットによって日本中世界中の人々の知恵・スキルが見える化し、誰でも自由にアクセスできる未来が実現するでしょう。

企業にとっては、社内のリソース(人的資源)と社外のリソースのコミュニケーションコストの差がほとんど無くなり、クラウドソーシングを活用すれば必要な人材を世界中からコーディネートすることが可能になる。

個人にとっては、企業に所属しなくても個人として仕事の実績を蓄積して、社会的信用を得ることができる世の中。退職や介護、子育てなど人生のライフイベントに合わせて多様な働き方を柔軟に選べることができる。

そんな未来を創造しようとしています。

以下のブログにも詳しく書かれています。

ノマドで年収2,000万越えも誕生。クラウドワークスを分析してたら大きく働き方が変わっていく予感がする。

クラウドワークスが目指す社会インフラ「個人の与信インフラ」


その未来を創る上で最も重要なことは何か?それは「個人の与信インフラ」であると考えています。

食べログによって日本中のレストランの評判が個人の集合知によって見える化され、現在では食べログによって知らない店に行くハードルは著しく下がりました。

それと同じことがクラウドワークスでは既に起きています。
クラウドワークスによって個人の評価が見える化され、知らない人と仕事をすることのハードルは非常に下がってきています。

以下は先日の決算説明会で上映した動画です。まだご覧なられていない方がいればぜひ一度ご覧ください。

「クラウドワークスが実現する夢」



この動画に登場する定年退職したエンジニアの松本さんも、出産を機に退職したデザイナーの大塚さんも、クラウドソーシングが生まれたことでその評価は見える化され、企業が知らない人に仕事を頼むハードルが著しく下がっています。

仕事の取引おいて、「企業は信用できるけど、個人は信用できない」という時代が終わりをつげ、「企業は信用できるし、個人も信用できる」という時代がもう到来していると感じています。

クラウドソーシングのあるべき姿への挑戦


働き方革命、そして個人の与信インフラの創造を掲げた時に、我々が目指す世界観は「プラットフォームのオープン化」であると結論付けました。

創業以来クラウドワークスは、メンバー様よりいただく手数料をベースに事業を構築していましたが、働き方革命という理念から逆算して真にユーザーファーストなサービスを考えたとき、メンバー様よりマッチングの手数料をいただくビジネスモデルというものは、中長期的にみて本質的ではない可能性があると考えました。
(※手数料ビジネス自体は色々な形があると思うので今後も模索していくとは思いますが、あくまで現段階の仮説としてそう結論づけた、という趣旨です。)


手数料をいただくビジネスモデルというのは情報格差があった20世紀の産物である可能性を議論しました。実際に先述の食べログは、ユーザーから利用手数料をもらってるわけではありません。21世紀、我々は個人の仕事実績・評価が蓄積された与信インフラを通して、全く新しいビジネスモデルを創造したい、そう考えました。

それが今回の手数料無料化の背景の考え方です。プラットフォームがオープン化し、あらゆる仕事の実績・評価が蓄積し、それが個人の与信インフラとして社会を変えていく。これが我々が目指すべき本来のビジネスモデルであると考えています。その未来に挑戦したい。今回の手数料無料化はそのような意思を込めてスタートいたします。

皆さまへのお願い:皆さまと創るオープンな世界


今回の手数料無料化は、弊社としても大きな挑戦となります。

これはすなわち、「ユーザーの皆さまと創るオープンな世界の幕開け」です。

2周年記念パーティにて、200名を超えるクラウドワーカーの皆さまが集いました。
図1

我々は、皆さまと共に働き方革命を実現し、新しい個人の与信インフラを創造したいと考えていますが、これが受け入れられるかどうかは今回のタスク形式の手数料無料化の結果次第です。

ですので、無料化により、皆さまが喜んでサービスを使っていただければ、我々は手数料無料化を続け、さらに次の展開を検討いたします。逆に皆さまが使ってくれなければこの手数料無料化は失敗に終わり、再度手数料ビジネスを検討することもあるかもしれません。

働き方革命という夢に向かって、ぜひ皆さまと共に歩んでいきたいと考えています。

是非、この機会にクラウドワークスを使ってください。

※リリースにも書かせて頂いていますが、報酬支払いの際は決済手数料が実費として発生していますが、これは本来あるべきビジネスモデルへの挑戦ですのでその手数料はクラウドワークスが負担をして手数料の完全無料化を実現しています。

最後に。


クラウドワークスは、

ミッション(理念)「“働く”を通して人々に笑顔を」

ビジョン(事業目標)「21世紀の新しいワークスタイルを提供する ~個の力を最大限活性化し、社会の発展と個人の幸せに貢献をする」

を掲げています。

クラウドソーシングの手数料無料化を通して、21世紀の新しい社会インフラを実現して、営業利益1兆円を達成し、「“働く”を通して人々に笑顔を」を実現させたいと考えていますので、ぜひ末永くご活用、ご支援いただければ幸いでございます。

クラウドワークスのタスク形式のクラウドソーシング をどうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントは受け付けていません。