ブログ書き初めと、今週に掲載されたブログメディアの記事につきまして

クラウドソーシングの「クラウドワークス」のリリースから約1年半が経過しました。
ここまでの道のりは1万2,000社を超えるクライアントの皆様と受注頂いている約6万人のメンバーの皆様、そして社員の皆さん、株主の皆様のお陰で走ってくることができました。皆様にお礼を申し上げます。
いつもありがとうございます!

全力で走っている一方で、以前よりユーザーの皆様や友人経営者の方々より「ブログを見てみたい」「普段考えていることを知りたい」などのお声を度々いただくことがありまして、常々ブログを始めたいとは考えておりましたが中々多忙で手を付けることができませんでした。

そのような中で、今週に梅木様が運営されている「The Startup」というブログメディアの記事でランサーズ様が取り上げられ、その中でクラウドワークスについても触れる部分があり、「クラウドワークスも何か関係しているのでしょうか?」との問い合わせがサイト上で1件ございました。私が直接対応させて頂いておりまして、「納得しましたし、不安感が無くなりました。」とのご返信を頂きました。
それをきっかけに友人のメディア運営者や他のブロガーの方々に相談の上で、そもそも私としての見解を表明させていただいたほうが良いだろうと考えてここに記事を書かせていただきます。

【梅木様、およびブログメディア「The Startup」との関わりについて】

・フリーランスの梅木様については個別のお仕事での発注実績がございます。

・ただし、それは梅木様について特別なものではなく、
数十名程度のフリーランスの方々へ、単発のお仕事を日常的に発注しております。
梅木様については、例えばメルマガライティングやブログなど個別に提案頂いた企画単位で
発注しておりました。ただそれも初期の立ち上げのお話で、現在はメルマガもブログも
自社で運営しております。

・フリーランスの方と、月額契約で継続的な顧問やコンサル契約を結んでいることはほとんどありません。当然梅木様とも継続的な顧問契約などを結んでいることは過去含めてございません。

ほとんどと書かせていただいたのは、過去の例としては常駐で毎週数日来て頂いてる
デザイナーやエンジニアの方に数カ月に渡って支払ったことはございます。

・一部のブロガーの方が梅木様と弊社が関係していることの根拠とされている

『トップページの方々へ本当に仕事を頼めます!キャンペーン」開始』
http://crowdworks.jp/press/?p=92

についてですが、このキャンペーンは、プレスリリースに書かれている通り、
クラウドワークス上で登録されている方々をお薦めしているもので、
忙しいフリーランスの方の時間枠を予め確保して頂いてお仕事が頼めることを
確約していただいた上でPRとして配信したものになります。

ですので、普段のお薦めメルマガなどの延長線上としての企画ですので、
弊社とフリーランスの方々に契約は特に存在しておりません。
また、実際に弊社から支払いを保証していたりすることもございません。

・梅木様のThe Startupについて弊社が何かお金を払ったことは今まで一度もございません。
梅木様はThe Startupについては独立メディアであると弊社に対しても一貫して主張しており、過去の記事について私から感想を伝えたことはもちろんありますが、独立メディアですので修正などはしません、と同様の答えを頂いたことがございます。
その後弊社や私からThe Startupに対して意見をしたことはございません。

・なぜThe Startupの記事の公開から今まで正式に表明をしていなかったのか、ということですが、
当然弊社も大変困惑をしておりましてどちらかというと迷惑を被っております。
そのような中で、本件について周囲の方々に相談したところ、
「個人ブロガーの売名行為に加担することになるから、何か記事にするとか何か発言することは避けたほうが良いのでは。」
とコメントを頂いておりました。

弊社としても本件はランサーズ様とクラウドワークスがブランドとして何かしら損をすることになり、梅木様も信用には傷が付くかもしれませんが、ブロガーとして知名度は上がり、トラフィックが稼げるということに繋がる可能性があるのでは無いかと考えておりました。

従って、弊社としては特に不都合な事実はございませんが、ここで何かを表明することは結局は梅木様のThe Startupのトラフィックを集めることに繋がるだけでは無いかと考えており、現在まで表明をしていなかったという形でございます。

いずれにせよ関係する方々に不安を抱かせてしまったことを改めてお詫びを申し上げますと共に、引き続き今後共末永いお付き合いの程を何卒よろしくお願い申しあげます。

説明としては以上となります。

クラウドワークスは、現在「働くを通して人々に笑顔を」をスローガンに活動しております。
例えば、「お仕事相談所」を設置して、不安な発注者や受注者の方々が他のユーザーと気軽に交流が出来るようにしたり、「ありがとうボタン」を設置してオンラインで人々の気持ちが伝わるような工夫をしたりしています。それは直接的に収益には繋がらないものですが、人々にわくわくしてもらいたい、笑顔が生まれるきっかけづくりをしていきたいと考えて開発をしたものになります。

今後もクラウドワークスのミッションである「21世紀の新しいワークスタイルを提供する」の実現へ向けて頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願い申しあげます!

2013.8.25.追記
この記事をアップ後に、今後の立場をもっと明確にしておいたほうが良いというアドバイスを頂きましたので、追記させていただきます。
・今後、当面梅木様との新規取引を停止いたします。
・停止期間は1年間としますが、その後も本件に関する訂正・釈明などが発表されるまで取引を再開することはございません。
・また訂正があった場合にも、他業界や他社含めて混乱を産むような可能性がある場合にも取引を再開することはございません。
各方面にご懸念を抱かせたことをお詫び申し上げますと共に、引き続き今後共よろしくお願い申し上げます。

コメントは受け付けていません。