×
  1. [確認]受注者からの質問に対する返信について
みんなのお仕事相談所
発注者からの相談
その他の相談(発注者)

[確認]受注者からの質問に対する返信について

回答
受付中
回答数
4
閲覧回数
481
すぐ知りたい!  : すぐ知りたい!

仕事を初めて依頼しており、報酬や作業量、納期等についてはこちらから予め定めるのではなく、応募者と相談しながら決めていこうと思っています。
依頼している案件に対して、報酬額の提示と共に、質問付きのメッセージが応募として届きました。しかし、現段階で相手からの提訴額を受けるかどうかは保留にして、質問にのみ回答したい場合、「新しい条件を提示する」の「ここにメッセージ」と書かれている欄に、記載するという認識で正しいのでしょうか?
この場合、「支払い方式」と「契約金額」の項目が必須になっておりますが、支払い方式はまだしも、契約金額には、絶対に成立しないような安い価格を仮書きしておき、その旨をメッセージ欄に説明書きしておけばよいのでしょうか(応募者の提示額を書けば、それを当方が受け入れることになりますし、かと言って、当方としては現時点で報酬額の提示は保留にしておきたいため)?

ご回答のほど、よろしくお願いします。

2019年02月04日 23:50
shiasaさんからの回答

「新しい条件を提示する」ではなくて、そのままメッセージで相談できるはずです。
ワーカーから条件提示があっても契約に双方同意するまで契約は成立しません。

相手から条件提示⇒自分が同意⇒さらに相手が同意で契約成立


>契約金額には、絶対に成立しないような安い価格を仮書きしておき

これはやめていただきたい。詐欺業者と変わらないです。

2019年02月05日 07:32
shinkakuさんからの回答

報酬、作業量、納期を決める行為も業務ですのであらかじめ見込みをつけてから依頼してください。
世間ではその段階の仕事を積算、コンサル、プランニング等と言ってコストが発生します。

2019年02月05日 07:50
shiasaさんからの回答

最近規約を理解しない人が回答するというケースがありますが

ここでのプロジェクト形式の手順は
契約⇒仮払い⇒作業⇒納品(⇒検収不可⇒再度納品)⇒検収 です。
検収と同時に仮払いから手数料が差し引かれたものが報酬にプールされます。

仮払い以外の報酬を支払う口約束は詐欺に繋がります。
契約時に仮払いの金額(最終的に支払う金額が確定)を決めます。

2019年02月05日 09:16
CodeLabさんからの回答

ジャンルや仕事内容にもよりますが、依頼内容について必要事項がすべて書いてあるとは限らないので、最初のアクションで金額を提示するのは難しいと思います。
最初のアクションでは大体の工数、予算感、単価(例えば時給換算とか、ライターならxx文字いくらとか)を記載して、その旨を書いておきましょう。
具体的な金額については、いろいろヒヤリングなどしながら、詳細を詰めていくのが良いかと思います。

>契約金額には、絶対に成立しないような安い価格を仮書きしておき
あなたの想定する価格帯でないクライアントは客ではないので、そういった価格帯のクライアントとやり取りは時間の無駄です。やめたほうが良いでしょう。

2019年02月05日 23:09
ご意見箱

× 今後表示しない