どんな仕事も、簡単ネット発注。まずは会員登録から!
  1. クラウドソーシングTOP
  2. みんなのお仕事相談所
  3. 特技を発揮できる立場がありません。
みんなのお仕事相談所

「みんなのお仕事相談所」では、ユーザーさまのご依頼の相場や製作期間、
契約書やお金に関する悩みを気軽に相談できるQ&Aコミュニティです。
違反案件についてはよくある質問の「【共通】違反のお仕事とは」をご覧ください。
また、違反報告についてはよくある質問の「【共通】違反報告とは」をご確認ください。

発注者からの相談
経営戦略・経営コンサルティングの見積もり・相場に関する相談

特技を発揮できる立場がありません。

解決済
回答数
7
閲覧回数
2439
時間があるときに  : 時間があるときに

外国育ちで英検準1級とTOEICで高額点とり、その後カナダの大学でアジア文化専門学を勉強しながらもバイリンガルでカナダ・日本文化の知識を活かせる職業がまったく見つかりません。
オンラインで何度か翻訳の仕事を探してもなかなか雇われず大変困っております。
翻訳という職業はやはり何か本格的な資格など必要なのでしょうか?
宜しくお願いします。

2014年01月29日 08:56

ベストアンサーに選ばれた回答

h1rotoさんからの回答

こんにちは。
個人的にとっても嬉しいトピックを立てていただいたと思っておりまして、御礼を申し上げたいです。
どうもありがとうございます。

簡単に見つかるポジションには既に何方か、要領のよい方がデーンと座っていらっしゃいますよね。
やはり今は自分でポジションを作られたほうが手っ取り早いと思います。
そして既にreinasatoさんはこうして行動されているんですから、いずれにせよきっと上手く行くと思います。

既に回答者の皆様が実用的なアイデアをいっぱい出されていますが私もポジション作りについてだけ少し。

一般的に依頼するほうは成果物を正しく判断できないので、依頼先の経験や公称スキル、
外部評価などを基準に選定するしかありませんよね。
なのでおそらくreinasatoさんは経験や言語以外のスキルが欲しいところだと思います。

単純な話ですが、他のスキルを持つ方とタッグを組むことで、スキルを補い、経験を積んでみては如何ですか?
日英はちょっと・・という方でも業務的に英日は問題なくこなしている専門スキルを持っている方は比較的に多いのではないでしょうか?
以前そういう形で何度か実際にお仕事をしたことがあります。

以上、ご参考になれば幸いです。

2014年01月31日 13:29
相談者からのお礼コメント

様々なコメントを頂いてとてもビックリしました!
皆さんのアドバイスはとても参考になり、ありがたいと思ってます。

自分が持っているスキルを磨きながら新たなスキルを学び、経験を積んでみてから就職活動に再チャレンジしようと思います。

本当にありがとうございました。

2014年02月03日 10:38

すべての回答

minoru.maedaさんからの回答

単に翻訳者であればいろいろいらっしゃると想います。業種を絞ってはどうでしょうか?
テクニカルな翻訳ニーズはかなりあります。例えば、金融系。金融系は特殊な用語が多いため、普通の翻訳者に任せるとまったく意味不明なものとなります。金融、医薬、ITなど専門的な分野があると良いと想いますが、どうでしょうか?
大事なのはUSP(Unique Selling Proposition)お客様から選ばれる理由があるかどうかということです。

2014年01月29日 10:10
hanyoさんからの回答

私は、外国での生活経験はまったくありません。
それでも、短大で英語とフランス語を学び、英検2級を取得し、
TOEICはそれほど振るいませんでしたが、何とか英語を使って働ける環境はないかと
探している最中でもあります。

もし、英語を使った仕事をしたいなら、クラウドワークスもよいですが、
oDeskなどの海外系クラウドソーシングサービスを利用するのも手かと思います。

私の場合は、このクラウドワークスのほかの国内系クラウドソーシングサービスのほとんどに
登録をしており、このほかに、海外系クラウドソーシングサービスにも登録をしています。

なぜかといわれると、今まで学んできた英語などのスキルを活かせると思うのと、
英語だけでなく、これまでやってきた経験も活かせて一石二鳥なところでしょうか。

また、今は、クラウドソーシングサービスという形で、海外での仕事を日本で
こなすことも出来る世の中になってきているため、語学が堪能であれば、
ぜひ、挑戦してもらいたい分野なのではないでしょうか?

短大を卒業後、都内でエンジニアをしていましたが、不況の影響で、
辞めざるを得ませんでした。
また、その直後に母親が膝と腰を痛めて一時寝たきりにもなりました。

こうした経験から、クラウドソーシングのありがたみを一番感じています。

また、翻訳に限らず、様々な仕事に挑戦することも大切です。

自分の視野が広がるからです。

ぜひ、自分の視野を広げる意味でも、海外のクラウドソーシングサービスを
上手く活かして見て下さい。

2014年01月29日 17:17
cls_tさんからの回答

クライアントに聞かなくても、取り扱う分野の8割くらいの用語を翻訳対象の双方の言語で正確に扱えないと
翻訳ビジネスは、厳しいでしょう。

翻訳を依頼する側からすれば、翻訳者に専門用語を教える手間が、自分で翻訳する以上にかかるようであれば、
依頼する意味自体がありません。

しかし、逆にいうと、まともなレベルの翻訳屋さんは、極めて稀少ですので、人気のある分野の専門用語を理解できれば、
収益性の高い仕事を貰える機会も増えるでしょう。

その代わり、スキルレベルの高い依頼者は、英語は、しゃべれなくても読み書きできてしまうことも少なくないので、
その分、高い翻訳品質も要求されます。

とりあえず、最初は、勉強だと思ってスキルを磨かれてはいかがでしょうか。

2014年01月30日 01:39
佳織さんからの回答

翻訳の仕事に限らず、日本では新卒で企業に入って正社員として仕事する場合を除き、どんな仕事でも実績や経験を求められます。例えば、運よく税理士試験に合格したからと言って、全く畑違いの仕事から、すぐに税理士として仕事をスタートできるわけではなく、どこかの事務所に入って、仕事を覚えたり、顧客を確保する期間が必要です。

翻訳と言う仕事は、語学ができる人なら誰でもできるかというとそんなことはありません。
同じ日本人でも、文章がうまい人もいれば、下手な人もいるように、翻訳もセンスが必要です。TOEICの点数がいい人は、世の中にごまんといますが、その人達すべてが、職業としてできるわけではありません。

もちろん、すぐに上手な翻訳ができる人もいるかもしれませんが、採用にあたり実績が求められるのは普通のことです。実績を作るため、最初はフリーではなく、しばらく派遣等で、自分の磨きたい分野の翻訳ができそうな企業に勤めるのも手です。お給料は安いかもしれませんが、授業料込みと思えば、そんなに悪くはないでしょう。また派遣先の会社で実力が認められれば、直接契約になったり、あるいは出入りしている翻訳会社に転職したりも可能と思います。

仕事として翻訳が成り立つのは、例えばIT分野とか、金融とか、医薬分野などです。文芸はよほど努力しないと難しいです。その他、主婦や退職者が、趣味で翻訳したりする分野だと、どうしても単価が下がり、職業として成り立たないのです。だから趣味として参入できないような、つまらない分野(?)の翻訳の方が、仕事としては有望です。

私は医薬分野で仕事をしていますが、翻訳の需要は年々減っていると思います。理由は医薬研究をしている人たちの英語力がかなり上がっていて、翻訳の必要がなくなっているからです。翻訳者としては、英語ができる人が専門知識を身につけるより、専門知識があって英語のできる人の方が、仕事はずっと楽なはずです。でも、前者でも、がんばっている人たちはたくさんいます。現在、翻訳が必要なのは、医薬分野では薬事と言って、外国語のデータを厚生労働省向の申請書向けに英訳するとか、逆に日本語の申請書を海外申請向けに翻訳するなど、役所業務に関わるところですね。後は特許分野ですが、こちらは機械翻訳が進んでいます(まともに読むと、無茶苦茶つまらない文章です)このあたりはどうしてもドメスティックなので、逆に需要があります。あるいは金融も、日本はグロバリゼーションから遅れている業界なので、まだ需要があります。仕事にするなら、英語力+専門分野がないと、正直厳しいです。ITや機械系は正直、ちょっとわかりません。

まだ若い方のようですし、まずはこれから需要のある分野と自分の専門分野を見極めてはいかがでしょうか?
また翻訳会社のトライアルを積極的に受けて、少しずつ仕事を始めることをお勧めします。

2014年01月30日 17:27
naonao068さんからの回答

こんばんは。

翻訳は英語力だけではなく専門知識も必要なことは、既にみなさんが言われているとおりだと思います。
3か月ほどクラウドワークスを利用しておりますが、クラウドワークス上では、それほど翻訳の需要は多くないように思います。

アメリアをご存知でしょうか?
http://www.amelia.ne.jp/userTop.do
翻訳の求人が出ています。

他には、翻訳のクラウドソーシングシステムである
Conyac
https://conyac.cc/ja
gengo
http://gengo.com/ja/?gclid=CLfLwYTQpbwCFYEJvAodJR8AjA
はいかがでしょうか。

「もう翻訳は需要がない。」との嘆き節もよく聞きますが、実力があれば、まだまだ新規参入可能な分野だと思います。
頑張ってください。

2014年01月30日 18:55
(退会済み)
(退会済み)さんからの回答

専門は別として、英語を使ったオンライン求人だと、翻訳・音声起こし・英語講師が今私が海外からしている副職です。
私も海外生まれ、日本育ち、カナダの州立大学を卒業しています。

ともみ_couchonさんも書いたように、アメリアという翻訳のサイトおすすめですよ。求人ももちろんですが、翻訳のコツ、練習、翻訳に関して役に立つ情報が取得できるので私も勉強ツールとして使わせてもらっています。特に経験がないのであれば、翻訳をこれからしていくのであれば、ここから情報収集で始められるのがいいと思います。ただ会費がかかります。。。投資だと思って私は登録しました。

海外の大学レベルの英語に慣れているようなので、"英語音声・テープ起こし"の仕事もネットで検索できます。専門~一般のもの様々なのがあります。慣れるまではお金にならないかもしれませんが、私も今トライ中です。crowdworksでも求人でています。

もしteaching経験があれば、英会話講師として経験を少し積んでみるのも手かもしれません。私は日本に数年帰国したときに大手英会話学校でトレーニング期間中にみっちり訓練してもらいました。数年働いた後退社して、今は海外で暮らしていますが、その知識を使って復職としてオンラインで英語教えています。プロ講師もいれば、ただ友達のように一緒に英語で話す講師もオンラインでできますのでこれもお小遣い稼ぎとしてはおすすめです。空いてる時間にできるし。私は教えるのが好きなので副職として月5万~8万ぐらい収入があります。

Good luck!

2014年01月31日 01:53
h1rotoさんからの回答

こんにちは。
個人的にとっても嬉しいトピックを立てていただいたと思っておりまして、御礼を申し上げたいです。
どうもありがとうございます。

簡単に見つかるポジションには既に何方か、要領のよい方がデーンと座っていらっしゃいますよね。
やはり今は自分でポジションを作られたほうが手っ取り早いと思います。
そして既にreinasatoさんはこうして行動されているんですから、いずれにせよきっと上手く行くと思います。

既に回答者の皆様が実用的なアイデアをいっぱい出されていますが私もポジション作りについてだけ少し。

一般的に依頼するほうは成果物を正しく判断できないので、依頼先の経験や公称スキル、
外部評価などを基準に選定するしかありませんよね。
なのでおそらくreinasatoさんは経験や言語以外のスキルが欲しいところだと思います。

単純な話ですが、他のスキルを持つ方とタッグを組むことで、スキルを補い、経験を積んでみては如何ですか?
日英はちょっと・・という方でも業務的に英日は問題なくこなしている専門スキルを持っている方は比較的に多いのではないでしょうか?
以前そういう形で何度か実際にお仕事をしたことがあります。

以上、ご参考になれば幸いです。

2014年01月31日 13:29
不安や疑問に真摯に向き合い改善につとめます クラウドワークス安心安全宣言