テレビCM放映中!
  1. クラウドソーシングTOP
  2. みんなのお仕事相談所
  3. サイト運営で自社サイトをユーザーにサイトの存在知ってもらうための方法?
みんなのお仕事相談所
発注者からの相談
その他(システム開発)の見積もり・相場に関する相談

サイト運営で自社サイトをユーザーにサイトの存在知ってもらうための方法?

回答
受付中
回答数
9
閲覧回数
4030

匿名さん

サイトを運営しだしたのですが、ユーザーに当社サイトを知ってもらうのに、どのような方法があるのか知りたいのですが?

サイトを制作してもらった業者情報だと、私でも知っているありきたりな告知方法しか提示してもらえず困っています。

①関連するサイトに有料広告バナーを申し込む。

②関連キーワードのSEO対策をする。

③ツイッターやフェイスブックなどで拡散。

など、誰でも知っているような事でしかアドバイスがなく、具体的にツイッターやフェイスブックで、どのように、どんな形でやるのかは説明がなく、本当に①~③だけを闇雲に進めて良いのか迷っています。

明確な方向性を示してくれるのであれば、有料アドバイザーとして契約して指南していただきたいとも思っております。

(現状のサイトのシステムに○○のシステムを追加する、○○に広告を掲載する、ツイッターとフェイスブックを使って○○な方法で拡散する。など)

因みに、前職で飲食店を経営していた時に、開店前に飲食業コンサルタントに相談したのですが、2時間52500円支払い、聞いた内容は経営していけば解る内容で、今考えれば飲食業を2~3年やれば誰でも言えるような事ばかりでした。

それも、本や雑誌に載っている有名コンサルタント会社なのです。何も知らず無知でした・・

なので、どのような内容でどう提案してくれて料金がいくら位かかるのか?と、良心的なコンサルタント会社を見つける方法も知りたいです。

よろしくお願い致します。

2013年06月17日 17:50
株式会社AICさんからの回答

初めまして。
株式会社アリスインサイバーランドの五十嵐です。

有料広告やSEOはある程度お金を掛ければ成果は出るものですが、
ソーシャルメディア(TwitterやFacebook)を利用してのプロモーションは、経験がある方でないと難しい内容になります。
その時々でタイムリーな情報の発信、どのような内容ならユーザに受けるかなどを瞬時に判断しなければいけません。

弊社は、ソーシャルメディアに特化したコンサルティング業務を行なっております。
具内的には、実際にTwitterアカウント、Facebookページの運用指導、Facebook広告の貼り方などでございます。

下記は、私個人のTwitter、Facebookアカウントになります。
Twitter:https://twitter.com/piano1431
Facebook:https://www.facebook.com/haruki.igarashi

興味がおありでしたら、ぜひ詳しくお話させて頂けたらとおもいます。

2013年06月17日 18:19
shirakobatoさんからの回答

初めまして。
株式会社しらこばとシステムサービスと申します。

SEO対策を行う場合、質問された内容(①~③)の前に必ず行うことがあります。
それは「ウェブマスターツール」の導入です。
検索エンジンがサイト情報を調べに来てくれるのを待つのではなく、自分からサイト情報を登録できます。
検索エンジンが検出したエラー、ページごとの検索エンジンの評価や、その順位変動や内容・表示速度等の改善点を提案してくれます。
使用料金は Google, Bingなど検索エンジン会社から提供されるため無料です。
ウェブマスターツールの導入を行う理由は、施策の「効果判定」「対費用効果」を分析するためです。

検索エンジン側は「検索者に有益な情報を上位に表示する」ことを目標としています。

よくある対策の①③は、チラシをばらまいていると思ってください。
知名度があがり、チラシに釣られた人がサイトを訪ねてみてもがっかりするようなものでしたら、一時的に知名度が上がっても評判が上がるどころかかえって下がることもあるのは自然な流れです。
リンクによるSEO対策は評価が低いサイトからの場合、自サイトの評価も下がります。
また、よくある対策の回答②はコンテンツ内容と関係ないキーワードを設置した場合、これも検索エンジンの評価を下げます。

弊社が考える、SEO対策は以下となります。
1. 現状分析
 検索エンジンに今登録されているページ、キーワードが何なのかを調べる。
 ランディングページからの導線を調べる。
 問題点を調べる
2. 目標設定
 上位表示させたいページ、問い合わせ等の最終的に到達させたいページを確認する。
  最終的に到達させたいページは、ランディングページからの導線を確認する。
3. 施策
 a) ウェブマスターツールが報告する問題点を修正する。
 b) 上位表示させたいページについては以下の対策を行う
  ・検索時にヒットして欲しいキーワードでコンテンツを構成する
   (場合によっては、現在登録されているキーワードを強化する施策も有効です。)
  ・見出し等を適切に設置する(h1タグは1ページに1つだけ、h2タグ無しのh3タグは評価が下がる)
  ・適切なスマホ対応を行う
   (Googleから「適切な」スマホ対応を行っていないサイトの評価を下げるとの発表がありました。)
 c) 最終的に到達させたいページは、ランディングページからの導線が適切になるようにコンテンツ・リンクを修正する。
4. 効果測定
 施策の結果を確認し、1に戻る。

また、コンサルを依頼する場合、「ホームページを開設した目的」に沿うようなコンテンツの提案を行うところは安心できると思います。

以上、ご参考にしてください。

2013年06月18日 09:36
shirakobatoさんからの回答

株式会社しらこばとシステムサービスと申します。

誤解が生じるといけないため、1点補足します。
「Googleのウェブマスターツールは、Google Analytics とは別物」です。

以上、ご参考にしてください。

2013年06月18日 09:50
fatmenさんからの回答

はじめまして、個人のfatmenと申します。

ド素人な意見を失礼ながら言わせていただきます。
ツイッターなどやフェイスブックなどで闇雲に拡散するよりやはり 「面白い!」や「な・・なんだこれ」と
思わせる題名・内容を拡散したほうが食いつきはいいと思います。


これは自分がとある企業様のサイトを知った経緯なのですが、ある日ツイッターをやっていてRTされた文面が
「伝説のデザイナーを募集」的な文面だったと思います。
その文面の後ろにアドレスがありさらにRTした方のコメントがあって「信じられるか?これ実際にある企業なんだぜ」とあり
「なんじゃろか」と思いアドレスをクリックして飛んだ先には
ただの人材募集の記事内容ではなくストーリー仕立てになっており、どこかでロケハンをやった写真と台詞が交互に載っていて「社員が社長を砂浜に埋めて 人手が足りなくて大変だから新しい人材を募集しろ」と脅すというコメディタッチの内容でした。

こう言ったインパクトのある【題名・内容】の記事を作りツイッターなどで流し 「面白い!ほかの人にも教えたい!」と思わせる方法が今のツイッター利用者には受けがいいと思います。少なくとも自分の周りには非常に受けがいいです。
今その企業様のサイトはその自分が知ったときより進化し、2~3日置きに更新が無いか覗いてしまうほどです。
企業様のサイトのURLや名前を貼るのは「不味いかな」と思いましたのでここでは貼らないでおきます。

もしかしたら質問者様の求めていた回答とはまったく別方向の回答をしてしまって居たら申し訳ありません。

長々と失礼いたしました。

2013年06月18日 20:43
Merrill&Mさんからの回答

Webバイラルについては皆さん書いているので、それ以外の方法ひとつ提示すると、普通に営業するというのも手です。
話題になることも大事ですが、関係ない層に届いてもあまり意味がないので(一度バイラルがうまくいって65000アクセスまで伸びたことがあるのですが、実際に購入した人は0.01%以下でした)、欲しそうなところにメールを送るとか電話をかけるとかが案外有効だったりすることもありますよ。

やみくもにアクセスを伸ばす方法よりは、自社サービスに向いたお客さんはどういう人で、誰なのかということを考えないと広告が赤字垂れ流しになってしまいます。バイラルのノウハウがあれば、広告費いらないので、なんとか成功させたい気持ちはわかりますが、なかなか難しいですね。

2013年06月19日 03:07
味村彰久経営戦略事務所さんからの回答



こんにちはコンサルタントをしています。tomtomです。

「明確な方向性を示してくれるのであれば、有料アドバイザーとして契約して指南していただきたいとも思っております。」

と書かれています。

私たちは匿名さんに明確な方向を示すことができます。

※ 初期相談を希望される場合は、メッセージをして頂いて構いません。

初期相談で行なう内容

① SEO対策を行なうための記事作成依頼を「どのような人に」「どのような品質で」「どのくらいの価格で」申請して、

  「どの程度の期間」記事の継続投稿を行なえば-サイトを知ってもらえるようになるのか-について

② コンサルタントの相場の確認方法。

③ -サイトを知ってもらえるようになる-業務手順を明確にした計画を立てることができるコンサルタントの見分け方。

※ 私たちは飲食店のコンサルタント依頼の申請を許可していません。

  そのため、現在も飲食店を行なっているのでしたら、初期相談も受けることはできません。



2013年06月19日 21:46
aikamama1さんからの回答

はじめまして。

アメーバブログをおすすめします。

アメーバブログを使い、サロンのブログ読者さんを1ヶ月で200名増やしました。

名古屋の結婚式場のネット集客担当経験があります。


アメブロは、TwitterやFacebookとの相性もよく、連携できます。

それぞれに、反応の良い運営方法もあります。


アメブロの利点は、地域や属性を絞ってアプローチができ、
「存在を多くの方に知ってもらう」には好都合な無料ブログです。


わたしがサポートできることは

・ブログの読者を増やし、サイトへ誘導。

・ツイッターとFacebookの連携、サイトへ誘導

・検索上位表示と人気ブログランキング上位表示、サイトへ誘導

・Youtubeからの集客

・ブログやサイトのページランクを上げる・・・などの効果が期待できます。


不安もおありかと思いますので、1ヶ月単位でのサポートをしています。
(コースにより、月5000円~)

その他、具体的な実績の提示や、具体的な運営方法は、
ご依頼をいただきました際にお話させていただきます。





2013年06月19日 22:59
LWさんからの回答

まず自社サイトをユーザーに「知ってもらう」がゴールなのか、「問い合わせ」や「資料請求」をしてもらいたいのか、それとも商品やサービスを「購入」してもらいたいのか、とにかく訪問者を増やしたいのかなどによって方法は変わってくるかと思います。

ブランド認知を高めたいとしても、ターゲットとするユーザー層があるはずですので、闇雲に広告を出したりSEO対策をするよりもターゲット層に狙いを定めたアプローチを考えるべきです。

まずは明快なゴールの設定とターゲット層の設定をすることから始めましょう。
貴サイトのコンテンツで競合他社のサイトに比べて何か突出した人気のものはありますか?
「独自の強み」があるとそれを核としてSEOやオンライン広告が打てます。
バズが発生するようなおもしろコンテンツでなくても、狭い分野で深く濃い内容の資料があるなどでも結構です。
またGoogle Analyticsを設置されていたら、過去の訪問者や検索キーワードを調べておきましょう。

上記のようなことを整理して、ターゲットに合った「キーワード」の目星をつけていきます。

それらの「キーワード」で検索した場合に1ページ目内にリストされていれば良いですが、そうでない場合はGoogle AdWordsへの出稿もお考えになったらいかがでしょうか?
月に50,000円程度の予算でも、文面やキーワード設定が適正であれば、効果的なお金の使い方になるかと思います。
AdWordsに関してご相談に乗れますし、2,500円で10,000円分の広告が打てるクーポンをご利用いただくことも可能です。

以上、参考になれば幸いです。

2013年06月20日 16:02
tourokuhikario21さんからの回答

パブリーズの松本です。
自分の商品を口コミでソーシャルメディアで広めるにはパブリーズが一番です。
貴方の商品を勝手に貴方のお客様が紹介してくれます。
口コミを最大限利用したいならパブリーズの一択のみです。
パブリーズの詳細はこちらから。
http://publys.jp/manual/publys_manual/?user_id=124
パブリーズの電話番号は
0570048282です。
問い合わせ番号は124
と伝えれば話がスムーズに進みます。
自分の商品を多くの人に知ってもらえるといいですね。

2013年06月28日 00:50
ご意見箱

× 今後表示しない